トムフォード新作バニラファタールの口コミ、評判は?値段や使い方など!

ユズリハ

トムフォードビューティより、この春新たな新作フレグランスが発売されます。

その名も「トムフォードビューティ バニラ ファタール オード パルファム スプレィ」。

今回はこちらに注目し、評判、値段や実際の使い方などを紹介していきたいと思います。

まずはブランド&商品の紹介

トムフォードビューティとは

アメリカのファッションデザイナートム・フォード氏が立ち上げたコスメ全般を取り扱うブランドになります。

アイ、リップ、ネイルなどのカラーコレクションやお化粧下地など、一通りのコスメを発売しています。

その中でも特に代表的なのがフレグランス

元々トムフォードビューティのルーツはこのフレグランスとなります。

トムフォードのフレグランスは、男女問わずつけられるとのことで、芸能人にも愛用者が多いですね。

三代目JSBの今市隆二さん、岩田剛典さん。

あとは道端ジェシカさんも誤使用になっているそうです。

つけ始めから時間が経過するごとに香りが変化することで、1つのフレグランスでも様々な気分を楽しめます。

バニラ ファタール オード パルファム スプレィとは

今回そんなトムフォードビューティから、新作であるバニラ ファタール オード パルファム スプレィが発売となります。

発売日は2018年3月7日(水)

お値段は50mLで28,000円+税とのこと。

さすが高級ブランドだけあって安くはないですが、その分の価値は十分にありそう。

トップノートは、スパイシーなサフランとコリアンダーが登場する。追って心地良い苦みが刺激をもたらすと同時に、リッチなスイセンなどによる落ち着いたフローラルノートが優しい甘さを表現。

濃厚なマダガスカル産バニラが、スモーキーなマホガニーと調和しながら甘くウッディな香りを放ち、わずかにムスキーなスエードとともにエキゾチックなムードを演出。上品さと荒々しさを併せ持ち、洗練されていながら野性的な魅力を持ったフレグランスに仕上がっている。(FASHION PRESS様より引用)

ファンからの評判や期待は?

海外では既に発売されています。

日本未発売ということもあるので、海外での反応を見てみましょう。

To me Vanille Fatale is something inbetween of Tobacco Vanille and Mon Guerlain.
Tha mature vanilla of Tobacco Vanille with some tobacco and that cherry fruitiness of Mon Guerlain.
私にとってバニラファタールは、タバコバニラとモンゲランの中間的な存在だ。
タバコバニラの成熟したバニラと、モンゲランのチェリーのフルーツ感。

A major surprise when I tested it today at Neiman’s.
A love at first sniff, and dare I say…I like it better than Tobacco Vanille.
今日Neiman’sで試したらとても驚いた。
最初嗅いだ時の愛、私はあえて言おう、、、タバコバニラより好きだ。

いくつか見ていたところ、“女性的(フェミニン)”と表現されている方が目立ちました。

バニラの香りが強めのようですね。

男性よりは、女性がつけた方がより良さそうです☆

また、かなり既存の人気商品タバコバニラと比較されているようですね。

バニラファタールの方が好きという方もいれば、タバコバニラの方が好きという口コミもありました。

口コミを見る限りでは、タバコバニラは自然・未加工なバニラ感に対して、バニラファタールは加工されたバニラの香りがする、という感じのようです。

正直筆者には全くイメージがわきません(;^_^A

どちらが良いというわけではないですが、このようなバニラ間の違いがあるみたいです。

あとはタバコのスモーキー感がないことにより、物足りなく感じたり、それこそ女性的と感じたりする人が多いみたいですね。

上手な使い方

最後に筆者おすすめのフレグランスのつけ方を見ていきましょう。

基本的なつけ方

つけたい部位から10~20cmほど離して、スプレーをプッシュします。

トムフォードのフレグランスは、スプレーポンプの稼働が短めのようなので、1プッシュ奥までしっかりと押し込んでしまって大丈夫です。
※香りが強すぎると感じる場合は、半プッシュなどに調整ください。

つけた後は、そのまま自然乾燥させます。

筆者も以前よくやっていたのですが、手首につけた香水をこすって伸ばすみたいなことされている方いませんか?

あれって実はあまり良くないです。

香水の効果時間が短くなってしまうばかりか、摩擦熱により匂いが変質してしまう恐れもあります。

筆者の推測ですが、擦るのってきっと早くミドルノートを味わいたい、もしくはトップノートの香を和らげたいというのがあるのではないかと思います。

香水は、はじめトップノートの揮発性の高いスパイシーな香りが広がり、20,30分後にメインの香りである甘めなミドルノートが広がります。

最後に香水の効果が終わる数時間後、ラストノートという持続力の高い香りが残る感じです。

トップノート→ミドルノートを短縮化しようと擦ったのが、いつの間にか広がったんじゃないでしょうか?

で、正しい付け方は、お出かけの20~30分前にシュット一吹き。

つまりトップノートも抑え込まずに、しっかりと味わう、但し、実際お出かけするときにはメインのミドルノートが香っているよう、つける時間を早めれば良いのです。

つける場所

つける場所、これも何となく手首や首、胸元という方が多いのではないでしょうか?

間違いではないのですが、トムフォードの香水をつける際のおすすめは膝の裏になります。

香水の中にもその濃度でパルファム~オーデコロンと何種類かに区別されています。

そのうち、今回紹介している商品は最も濃度の高いパルファム。

その為、下半身につけて、下から上がってくる香りだけで十分なのです。

膝の裏は人間の体の中でも表面温度が高い部分。

ここにつけることで、しっかりと香りを上げることができます。

もし膝裏では匂いが強すぎるという場合は、足首(アキレス腱)にしてみてください。

歩くときに下から香ってくるので、ちょうど良い香りの強さになりますよ。

何回くらい使える?

50mL入っている子の香水。

トムフォードのフレグランスは、スプレーポンプの稼働が比較的短いと思われます。

ワンプッシュを0.07mLくらいと予想します。

50mL入っているとなると、単純に714回使えます。

ほぼ毎日つけるとして2年くらいは持つ計算になりますね。

まとめ

今回は、新発売となるトムフォードビューティのフレグランス”バニラファタール”について紹介いたしました。

  • ブランドと商品の紹介
  • 口コミからすると、タバコバニラと比較されている。バニラ感が違うらしい
  • おすすめのつけ方は、膝裏にワンプッシュ。擦っちゃダメ
  • 大体2年くらい使えそう。

こんな感じになりました。

いかがだったでしょうか?

安い買い物ではありませんが、価格・香り諸々併せてラグジュアリーな気分を味わえる一品です。

機会があったらデパートなどで試してみてください☆

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です