亀田興毅復帰の理由や時期が明らかに!戦いたい対戦相手2人いる?

2018年1月20日、AbemaTVにて新たな情報がありました!

そこから得られた情報を基に、亀田興毅の理由や時期、戦いたい対戦相手などの情報を整理したいと思います。

今回の記事をご覧いただき、復帰戦まで一緒に応援していきましょう。

こちらの記事も併せてごらんください。

亀田興毅のabematvで明かされる復帰情報まとめ!密着で最新情報をお届け!

復帰の理由

2018年1月20日、Abema TVにて、「新春ボクシング祭り!亀田一家人生をかけた三大勝負 アフターストーリーSP」が放送されました。

この中のコーナーとして、先日発表された亀田興毅の復帰戦に関するインタビューがありました!

そこで明かされた復帰の理由とはいかに!?

インタビュー内容

MCである辻よしなりさんが、亀田興毅さんに対して以下のような質問を投げます。

辻:「なんで現役復帰ということを考えるに至ったんですか?」

それに対し、亀田興毅さんはというと

亀:「ん~なんで?ん~~~でもなんていうんですかね。」

とかなり回答に苦しむというか困ったような態度をとります。

その後、2017年のAbemaTVの企画であった「亀田興毅に勝ったら1000万」ということがきっかけであることを告げます。

亀田興毅さんは、引退試合では日本でリングに立つことが出来なかった、それが非常に心残りであったと言います。

それがプロのリングではないにしろ、日本で最後にリングに立てて非常に感謝しているそうです。

そして、以下のような発言。

亀:「引退したこと自体は、正直なんの公開もないんです。ボクシング人生やり切ったなと思っているし。」

復帰は引退したことに対する後悔から来ているわけではないとのことです。

しかし、2018年1月1日に放送された「亀田大毅に勝ったら1000万」を見ている中でこう感じたそうです。

亀:「大毅は網膜剥離で引退しているんで、もう一回やりたいといってもできない。そんな状態で先日の試合を見た。それを見て、叶うのであればもう1回日本でプロのリングに立って戦いたい。自分のラストを飾りたい。」

というような発言をします。

亀:「自分の入場局であるバーニングハートをファンの皆さんに聞かせ、10カウントで終わらせたい。」

こうも言っています。

整理すると

インタビューを見ていた感触として、やはり日本で最後を飾れなかったということが大きく心残りにあるようですね。

その状態での2017年にあった自身のリング、そして先日の弟の晴れ舞台。

こういったところからファイターとしても気持ちが沸々と沸き起こり、抑えきれなくなったということなんでしょう。

但し、今回のインタビューの中で、

亀:「王者になろうというつもりはない」

とはっきりと言っております。

そんな甘い世界ではないし、現役で戦っているファイター達に失礼だと、そういうことだそうです。

“日本のリングでラストを飾る”。

これが今回の目的・理由のようですね!

復帰の時期

さて、復帰の時期についてもこのインタビューで情報がありました。

本人曰く

亀:「こういう気持ちになったきっかけでもある、思い出の5月7日。」

これは、2017年に「亀田興毅に勝ったら1000万」の放送日です。

まぁこればっかりは本人の希望ばかりではどうにもなりませんし、本人自身もまだ明確に決めているというほどでもなさそうでした。

そこ目指してトレーニングしている、といったところでしょうか。

1月1日に現役復帰宣言をし、復帰戦を5月。

そう考えると、一般的なトレーニング期間としては妥当なところかと思います。

ただ、引退して数年経つ選手としては、十分かというとそんなことはないと思う。

是非是非無理せず、でも出来る限り早めに、亀田興毅さんの復帰を目の当たりにしたいです☆

戦いたい対戦相手予想

最後に対戦相手について。

先日当ブログ内にて、戦いたい相手は河野公平選手なのでは?という大胆予想を記事にしました。

亀田興毅の復帰はいつ?戦いたい相手は誰?

実際はというと、見事に外れたようですね(;^ω^)

今回のインタビューの中で、

亀:「彼との試合は納得している。作戦を立て、それ通りに動けた。悔いはない。」

とおっしゃっています。

そして、

亀:「戦い相手は2人いるんですけどね。」

といった発言も。

この2人とは一体誰なのでしょうか?!

番組内では、亀田興毅さんがお茶を濁す感じで、明確な方の名前は出しませんでした。

ここで、あてにならない筆者予想!笑

河野選手でないとするならば、ロマゴン(ローマン・ゴンザレス)選手ではないでしょうか?!

亀田興毅さんは、河野選手と試合する前に、河野選手に勝利することを前提として、ロマゴンと対戦することを計画していたのだとか。

しかし残念ながら河野選手に敗れ、きっぱりと引退。

ロマゴン選手との試合は実現しませんでした。

もしかしたら、”日本の舞台でロマゴン選手と戦いたい”というのが1つ大きくあるのかもしれませんね。

もう1人はというと、、、過去の戦績上で因縁のある対戦相手としては内藤大助さんは既に引退されています。

ファン・ランダエタ選手はというと、きっちり再戦して勝利してますからね。

そうなると、現役で活躍されている誰か!?

まさか井上選手や井岡選手!?

想像は膨らみますが、亀田興毅さんのコメントからは、「そんな甘い世界ではない」「王者になろうというつもりもない」ということが明確に言われています。

見てみたいカードですが、現役チャンピオン達に挑むということは、なかなかしないんじゃないでしょうか。

体の仕上がり!(2月21日追記)

先日、亀田興毅選手のInstagramに、以下のような写真が投稿されました。

滅茶苦茶仕上がってますね。

たった1か月半の間どれほど過酷なトレーニングをされたのか(;’∀’)

復帰に向けて、かなり気合が入っているようです!

まとめ

今回は、2018年1月20日に放送されたAmebaTVの「新春ボクシング祭り!亀田一家人生をかけた三大勝負 アフターストーリーSP」から、亀田興毅さんの復帰戦に関する情報を整理してみました。

  • 理由は、「日本で華々しくラストを飾りたい」
  • あくまでラストを飾ること。王者になろうとかそういうのではない。
  • 対戦相手は河野選手ではなさそう。(戦いたい相手は2人いる)
  • 復帰は2018年5月ごろを目指している。

こんな感じでした!

復帰戦を楽しみに、私も今から応援の練習をしておきたいとおもいます( *´艸`)

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です