亀田興毅の復帰はいつ?戦いたい相手は誰?

ユズリハ

2018年元旦に放送された「AbemaTV新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負」。

ここで亀田興毅さんが、復帰宣言をされました。

本記事では、亀田興毅さんの復帰時期や戦いたい相手について、予想していきたいと思います。

こちらの記事も併せてご覧ください。

亀田興毅のabematvで明かされる復帰情報まとめ!密着で最新情報をお届け!

復帰時期について

まずは復帰時期について。

亀田興毅さんからは

「しっかり整ったら、またお話をさせていただく」

ということで、明確な復帰スケジュールは公表されていません。

まぁ、日々のトレーニングを欠かさなかったとしても、やはりプロボクサーに戻るということであれば、かなりストイックに体を作る必要があります。

最低でも3か月から6か月くらいは時間が必要なのではないかと筆者は考えております。

ただし、後述の「戦いたい相手」が、もし筆者の予想通りであれば、実現させるために時間がたっぷりあるというわけではなさそうです。

ですので、2018年夏ごろまでには!というのが一つの予想となります。

戦いたい相手について

亀田興毅さんが復帰してまで戦いたい相手とは誰なのでしょうか。

番組では復帰の理由として以下のようにコメントされています。

自分も思うところがあって、やり残したことがある。やらなければならない試合がある。誰ととは言わないが。どういう形になるかわからないが現役復帰しようと思う

元々亀田興毅さんは、プライドが高いという印象の方ですね。

周囲に厳しいけど、自分にはもっと厳しいというか、男(漢)として責任感が強く頑ななイメージがあります。

そんな亀田興毅さんですが、現役時代の戦績は35戦33勝(18KO) 2敗。

この負けた2試合の対戦相手が、戦いたい相手なのでは?と考えてしまいます。

2010年3月27日 ポンサクレック選手

WBC世界フライ級王座統一戦で当たったこの選手。

判定負けとはなりましたが、世評では完全に力負けをしていたといわれています。

この時統一戦ということもあり、亀田興毅さんもWBC世界フライ級王者の地位にいました。

つまり防衛失敗という形になってしまったわけです。

2015年10月16日 河野公平選手

WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチで当たった選手。

亀田興毅さんとしては、4階級制覇のかかった試合でした。

結果はこちらも判定負け。

結果として判定も3-0で河野選手となりました。

亀田興毅さんはこの試合終了後に現役引退を表明しています。

どっち?!

この2人のどちらか戦いたい相手なのではないか?と予想しているのです。

しかしながら現在ポンサクレック選手は既に引退されています。

ですので亀田興毅さんが復帰したとしても、再戦は難しいと思われます。

そうなると、河野選手ではないか!?と考えが及びますね。

河野選手は現在でも現役でボクサー人生を歩まれています。

1つの候補として、河野選手との再選を望んでいるのではないかと思います。

ただ河野選手も現在37歳で、軽量級の選手寿命としては「負けたら引退」というボクサーが多い年齢となります。

ちなみに余談ですが、河野選手が戦っているフィールドは今も変わらずスーパーフライ級です。

このスーパーフライ級には、現在モンスターと名を馳せているあの井上尚弥選手がいらっしゃいます。

つまり、もし亀田興毅さんが復帰して河野選手を倒し、スーパーフライ級で勝負していくとすれば、井上尚弥選手との試合も見れるかも!?

正直筆者としては見たいような見たくないような、複雑な気持ちになります。

まとめ

今回は亀田興毅さんの復帰が話題になっているということで、いつ復帰するのか?誰と戦いたいのか?をリサーチしてみました。

引退のきっかけとなった河野選手は今も現役のボクサーです。

もしかしたらこの人なのかもしれません。

2018年1月21日追記

亀田興毅復帰の理由や時期が明らかに!戦いたい対戦相手2人いる?

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です