亀田興毅のabematvで明かされる復帰情報まとめ!密着で最新情報をお届け!

ユズリハ

亀田興毅さんの復帰宣言から早3か月半。

世間の緊張、期待も高まってきているようです。

そんな中、3/24からインターネットテレビAbema TVにて、亀田興毅さんの復帰までの軌跡を密着する特集番組が放送されます。

当記事では、そんな密着記事を密着し、亀田興毅さんの復帰に関する公開情報をすべてまとめて、発信していきます!

ユズリハ

ユズリハ

これを読めば復帰戦までの必要な情報がすべてわかります!!!

現時点で分かっている情報

こちらでは現時点で分かっている情報をまとめます。

新着情報は随時更新いたしますので、ブックマークお忘れなく

復帰宣言

2018年1月1日に放送された「亀田大毅に勝ったら1000万」にて、突然亀田興毅さんご本人から、復帰宣言がありました。

「みんなすごい戦いをしてくれて、大毅の歌を聴いて、自分もいろいろ思うところがあって、最後やり残したこと、やらなければならない試合があるんじゃないか」

「どういう形になるかわからないが、出来るのであればも1回リングにあがろうかと。」
「現役復帰しようと思う。」

「これ以上先は、こうご期待で。」
「最高の1日になりました。」
「これからもさらなる盛り上がりを見せると思うので、ボクシングをよろしくお願いします。」

10時間に及ぶこの番組。

その放送開始時に「重大発表がある」と既に宣言していることから、当然ただの思い付きではなく悩みに悩んだ末の答えとして出したものであると考えています。

この発表にはメディアやファンはビックリ!

亀田興毅さんファンの1人である私も、〇〇を△△するところでした!

復帰理由

亀田興毅さんは引退試合を訳あって日本で行えていません

亀田興毅復帰戦の勝敗予想!現役時代の強さやライバル事情、ライセンス制度などを調査!

やはりそれが心残りだったようですね。

そんな中、2017年に「亀田興毅に勝ったら1000万」という番組で、日本のリングに立つ機会がありました。

その時、思いが強まったんだと考えられます。

そのような心境でいながら。2018年の「亀田大毅に勝ったら1000万」という番組でトレーニングする弟大毅さんを間近で見続け、感極まったんだと思います。

こんな風に書くと、「え、衝動的?」と思われるかもしれません。

が、決してそんなことはないと思います。

亀田興毅さんはとっても自制心の強いお人柄

一ファンであるという私のひいき目なくとも、衝動的でなくしっかりと考えられて決めた結果であると思われます。

  • 引退試合を日本で行えなかったこと
  • 日本のリングに立ち、やはり日本で引退試合をして気持ちに整理をつけたい
  • 弟大毅さんの試合に感化されてその気持ちが強くなった

この辺が復帰の理由だと考えられます。

復帰に関するインタビューなどは、こちらの記事に詳しく書いてありますのでご覧ください☆

関連記事のIDを正しく入力してください

なお、この復帰試合は、既に”引退試合”であることが同時に宣言されています

ファンとしては残念ですが、1回こっきりの試合となります。

家族の反応

2018年1月20日にAbema TVにて放送された「新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負 アフターストーリーSP」という番組。

その中で弟大毅さんは、

「そりゃ反対ですよ」
「やっぱりそんな簡単なものではない」
「身体が心配」

といった反対発言をしております。

そりゃそうですよね。

2015年10月に引退された亀田興毅さん。

既に引退してから2年以上が経過しています。

また既に31歳と決して若くはないボクサー。

ブランクと相まって、家族としては心配しないほうがおかしいと思います。

亀田興毅さんも

「大毅の気持ちもわかる。」
「自分が逆の立場だったら同じように反対している。」

とおっしゃっています。

ただ、そこは亀田一家。

自分の試合結果だけに限らずパフォーマンス面でもファンやボクシング人気を盛り上げたいという考えをお持ちです。

やるとなったらしっかりとバックアップされることでしょう。

 

実はここで一つ秘話がございます。

元旦に放送された「亀田大毅に勝ったら1000万」では、最後に亀田大毅さんがオリジナル曲「みんなへ」を披露します。

その中の歌詞に以下のような部分がありました。

この思いみんなに届くように夜空に願いをかけた
俺はもう一度立ち上がる
みんなにそう誓うよ
俺を思い出してよ
わがままな俺の願いさ
みんながここにいるから俺は独りじゃない

恐らく試合前から兄大毅さんが復帰宣言をすることは知っていたはず。

歌詞の中では”俺”と表現していますが、実はお兄さんに向けた歌だったのではないか?と筆者は思っております。

(2018年4月1日追記)

昨日の放送の中で、やはりご家族からは「やめとけ」という声が上がったそうです。

亀田興毅さんは引退してからスパッとトレーニング等も中断し、2年半の間通常の生活を行っていたそう。

弟の大毅、和毅さんはもとより父史郎さんからもそのようなことが言われたそう。

まぁプロの厳しさを十分知っている皆さん、そして2年半の興毅さんの生活を知っている皆さんからすると、当然といえば当然ですよね。

そして何と、奥様への相談は、、、AbemaTVで発表した後に行ったそう。

「何言ってるの?」と言われたそうです。笑

今ではボクサーとしてだけでなく、タレントとしても活躍されている亀田興毅さん。

昔とは状況が違い、きちんと他の仕事もこなさなければいけないということもあり、奥様は不安を覚えたそうです。

ただ、「男たるもの一度言ったことは」ということで、何とか納得してもらったようです。

ファンの期待

さて、ファンの期待はどうなのでしょうか!?

同じファンの私としては!

非常に期待しております。

ん?何に期待かって?

勝敗なんかどうだって良いんです。

テレビでまた亀田興毅さんの試合が見れること。

それに何より、復帰戦までのがんばり、道筋や亀田一家のパフォーマンスなどが追いかけられること自体が楽しみでなりません。

何なら試合日なんか来なければ良いのに、と思ってしまうほどです。笑

 

インターネットで検索すると、ファン(?)からの口コミとしては、あまり良い物ではないですね。

「金目的」「どうせ勝てないだろ」「勝てる相手を選ぶのか」

ご本人も言っておりますが、この引退試合は勝敗が大事なわけでもないですし、ボクシングはそんあ簡単なものではないとのこと。

口コミに対しては、ご本人も重々承知しておりますし、勝つことが目的でないので、勝敗は二の次なのだと思います。

それよりもボクシング界を盛り上げるための一大イベントという考え、あえてヒール役に徹し人柱となって盛り上げようということなのかもしれませんね!

元々亀田一家は正義のヒーローというよりは、ヒール役の方

そういう役回りは慣れっこなんでしょうね^^;

現状の仕上がり状況

こちらの記事で記載していますが、2/16の時点でこの仕上がりです。

亀田興毅復帰の理由や時期が明らかに!戦いたい対戦相手2人いる?

また、3/13に書いた記事の時点であった情報では、

「これからあと8.5kg減量が必要」

という状態でした。

亀田興毅復帰戦の勝敗予想!現役時代の強さやライバル事情、ライセンス制度などを調査!

復帰を5月としていることから、約2か月で8.5kgの減量!

余計なお肉がたくさんついている筆者ならともかく、既にこの体の状態から8.5kg減量というのは、想像も絶する生活をされるのでしょうね。

(2018年4月9日追記)

先日の放送で亀田興毅さんの仕上がりがスキャンされました。

現在の体脂肪率はなんと、、、7.2%

一般人からすればかなり絞り込んでいるんですね!

ただ亀田興毅さんは、これからまだ8kg近く減量しなければいけない状況だそうです。

現役時代に絞ったときは3,4%だったそう。

そうなると力がうまく入らないそうなのです。

7%くらいがちょうどボクサーとして動きやすい状況のようですね。

既に7%となった亀田興毅さん。

これからその体はどうなっていくのでしょうか!?

入場曲(?)

つい先日、テーマ曲に関する情報が入りました!

このテーマ曲とは、当記事で紹介しているAbemaTV 新番組『ラスト亀田興毅~最後の現役復帰~』の番組テーマソングです。

ロックバンドUVERworldの「PRAYING RUN」という曲。

元々UVERworldのボーカルTAKUYA∞さんと、亀田興毅さんは友人だそう。

練習中に陣中見舞いに訪れる仲だとか!

もしかしたら試合時の入場曲もTAKUYA∞さんが・・・!?

 

ただ、亀田興毅さんの試合時の入場曲といったら、バーニングハートですよね!

引退試合ということもあり、これまでの入場曲をそのまま使うんじゃないかと筆者は思っています。

上で紹介した「アフターストーリー」でも、バーニングハートをもう一度聞かせたいとおっしゃっています。

亀田興毅復帰の理由や時期が明らかに!戦いたい対戦相手2人いる?

対戦相手(2018年4月1日、4月7日追記)

ついに昨日の放送で対戦相手が発表されました。

ずばりポンサクレック・ウォンジョンカム選手です。

彼の簡単なプロフィールを紹介しましょう。

氏名:ポンサクレック・ウォンジョンカム

年齢:40歳

出身国:タイ

プロ戦績:97戦90勝(47KO)

元WBC世界フライ級王者

特筆すべき点として、日本人に対する戦績が挙げられます。

何と14戦11勝1敗2分!

日本人と戦って1度しか負けたことがないんですね。

現役当時”日本人キラー“として名を馳せていましたが、数字を見ると改めてすごかったなと思い知らされます。

そんなポンサクレック選手は、2014年11月、亀田興毅選手より一足先に現役を引退されております。
(実は途中引退発表からの撤回ということもありました)

ブランクとしては3年半あるわけですね。

現在ではタイでジムのトレーナーとして活躍されているそうです。

今プロライセンスの再取得に向けて準備をしているとのこと。

(4月7日追記)

プロライセンスの申請をしていたポンサクレック選手ですが、JBCよりライセンス再交付しないとの決定が下されました。

理由は規定に基づいたものとのことです。

再交付の年齢制限である37歳をオーバーしていること

最終試合から3年以上経過していること

という規定があるそうです。

とはいっても今回の復帰興行であるこの試合は行われないわけではありません。

エキシビジョンマッチという扱いになるみたいですね。

元々タイトルマッチとかではありませんし、一般的に見ればあまり影響はないと思います。

但し、当の亀田興毅さんは残念に感じているかもしれませんね。

「正式に日本で引退する」

というのが目的ですので、それがエキシビジョンマッチになってしまったわけですから。

いずれにしろ、ファンは期待していますので、トレーニングがんばってください!!!


※同日のTweetです。
ポンサクレック選手ライセンスのニュースを踏まえてのTweetかは分かりませんが、当の亀田興毅さんはとても集中されてそうなので、大丈夫そうですね☆

(2018年4月10日追記)

またまた追加情報が出ました!

ポンサクレック選手ですが、なんと4月8日にタイの方で現役復帰をなされました!

これによってどうなったかというと、、、

そう!JBCの規定による”最終試合から3年以内”をクリアできちゃうわけですね!

これによって、協栄ジムは再度ポンサクレック選手のプロライセンス取得を再申請予定のようです。

これが認められれば、晴れて5月5日は公式試合となるわけですね!!

ちなみに、ポンサクレック選手が復帰した試合はというと、タイ・スーパーバンタム級暫定王座決定戦です。

しかも勝利を収めています。。。

長いブランクと決して若いとは言えない年齢でも、普通にチャンピオンに返り咲いてしまうなんて!

亀田興毅さんの対戦相手はやはり相当な化け物のようです。

勝敗予想

さて、正式に対戦相手も決まったということで、勝敗予想をしていきましょう。

当編集局では、ずばり!

亀田選手の6ラウンドKO勝利

を予想します。

理由は以下の通り。

  • ポンサクレック選手はブランクが亀田興毅選手より長い
  • ポンサクレック選手は年齢が40歳とボクサーとしてもなかなかの高齢
  • それに対し亀田興毅選手は言ってもまだ31歳
  • 亀田興毅選手は当時取り入れていなかった”スポーツ科学”を、現在積極的に取りいれている

実際、体重のせいもあるかもしれませんが、現状では現役時代よりパンチが重いそうです。

スポーツ科学を取り入れることで、より効率的なトレーニング、身体の使い方ができるようになったということでしょうか。

現役時代よりもパワーアップした亀田興毅選手を見ることが出来るかもしれません。

ポンサクレック選手との間のスタミナの差が出始めた6ラウンドあたりに、現役時代より重くなった亀田興毅選手のパンチがヒットしダウンする、という流れになるのではないでしょうか。

しかしそこは熟練ファイターポンサクレック選手。

その経験と巧さで、早い段階で決着がついてしまう可能性も無いとは言えません。

もしかしたら1,2ラウンドあたりのまだスタミナが十分な段階で、ポンサクレック選手の巧さにやり込められてしまう、といったことも注意しなければいけませんね。

 

試合日程&チケット情報など(2018年4月1日追記)

昨日の放送では、併せて試合日程や会場などの情報が公開されました。

試合は、2018年5月5日(土)です。

会場は、ボクシングの聖地でもある後楽園ホール。

もうあと1か月ほどしかないのですね!

なおチケットに関しては、所属事務のホームページに公開されています。

概要は以下にお示ししておきますね。

先行発売 4月1日0:00~4月2日23:59

一般販売(予定) 4月5日から

詳細はホームページをご覧ください。

参考

『TFC vol.2 ~ラスト亀田興毅~』チケット先行予約についてKYOEI GYM OFFICIAL WEBSITE

「ラスト亀田興毅~最後の現役復帰~」放送内容

こちらでは、現役復帰&引退試合となる当日、そこまでの亀田興毅さんに密着した番組「ラスト亀田興毅~最後の現役復帰~」の放送内容をまとめます。

テーマ曲:「PRAYING RUN」 by UVERworld

ナレーション:市原隼人

3月24日 第0回(3月25日追記)

今回の放送では、

  • 元、現役チャンピオン、アスリートレジェンドの反応
  • 友人TAKUYA∞(UVERworld Vo.)さんとの対談(主内容)
  • 友人市原隼人さんインタビュー

この3つが内容となりました。

元、現役チャンピオン、アスリートレジェンドの反応

概要としては、以下のレジェンド達がインタビューに答え、肯定派・否定派に分かれるという感じでした。

  • 元WBA世界ミドル級王者 竹原慎二
  • 現IBF世界ミニマム級王者 京口紘人
  • 元WBC世界バンタム級王者 薬師寺保栄
  • 現WBA・IBF世界ライトフライ級王者 田口良一
  • 元WBA世界ジュニアウェルター級王者 平仲信明
  • 元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者 内山高志
  • 元ボクシングマガジン編集長 原功
  • K-1史上初の3階級制覇 武尊
  • 元修斗世界ウェルター級王者 川尻達也
  • 陸上十種競技元日本チャンピオン 武井壮

その結果、肯定派4名(田口、武尊、平仲、武井)と肯定派6名(竹原、京口、薬師寺、内山、原、川尻)という風に別れました。

見ていた感じだと、肯定派としては「頑張ってほしい、見せてほしい」という、希望も含めたコメントでしたね。

決して「大丈夫だよ」のような楽観に繋がるようなコメントはありませんでした。

対して否定派は、「年齢的な問題」「モチベーションの問題」「ブランク」などをポイントに否定していました。

プロの意見がこうなのだから、もう本当分からないですね☆

以下に実際のインタビュー抜粋を記載します。

少し長いので、不要の方は右側サイドバーの「Contents」から次の記事に飛んでくださいね^^

「元WBA世界ミドル級王者 竹原慎二」(否定派)

正直きついなと思う

30過ぎると体力が落ちてくるので、気持ちと体がかみ合わない

前回の亀田興毅に勝ったら1000万円は正直茶番

今回の復帰戦は茶番じゃない

そんなボクシングは甘くない

「現IBF世界ミニマム級王者 京口紘人」(否定派)

全盛期の頃の動きは取り戻せない

思ったより長いブランク

大変だと思う

「元WBC世界バンタム級王者 薬師寺保栄」(否定派)

無理でしょ

昔みたいなキレるパンチは打てないと思う

3兄弟がチャンピオンになったというのは例がないこと、いいじゃんそれで!

「現WBA・IBF世界ライトフライ級王者 田口良一」(肯定派)

世界チャンピオンの経験があるので、切り詰めて追い込んでいけば大丈夫

亀田くんなら盛り上げていける

「元WBA世界ジュニアウェルター級王者 平仲信明」(肯定派)

再起したら気持ちが落ち着いて、逆に現役のときよりも良い試合が出来るのではないか

ちゃんとトレーニングしてるし、あとは一番大事なのはスパーリング

実践に近いトレーニングをこなしきれるか

勝ったら誰も文句言わないから

「元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者 内山高志」(否定派)

引退して何もしなくて良い状態でやってきた、ようやるな、簡単にはできない

若さでいえば全然わかい、ぼくなんか30でチャンピオン取って37まで現役だった

年齢的には問題ない

「元ボクシングマガジン編集長 原功」(否定派)

31歳で2年半のブランクだから、結構無謀

モハメドアリでもカムバックは難しかった

マイクタイソンも4年間のブランク、戻ってきて返り咲きはするが1番強かった自分を取り戻すことはできなかった

2,3,4年という時間の経過はスポーツ選手にとっては致命的

「K-1史上初の3階級制覇 武尊」(肯定派)

格闘技はほぼ気持ちの戦いだとおもってる

スピード、テクニック、パワー全部負けていたとしても気持ちだけ買っていれば絶対に負けないと思っている

亀田さんの今の覚悟はすごい、その強さが見れるのではないか

「元修斗世界ウェルター級王者 川尻達也」(否定派)

正直厳しい

去年の番組を見て、動きが悪かったと感じた

「陸上十種競技元日本チャンピオン 武井壮」(肯定派)

当時の同じ技術と体力を取り戻すというのは大変だろうな

でも、興毅なら出来ると思う、やってほしい

最強だった時の亀田興毅を見たい

むしろ経験を重ねたそれ以上を見たい

友人TAKUYA∞(UVERworld Vo.)さんとの対談(主内容)

こちらが今回の放送のメインの内容でした。

TAKUYA∞さんが、突然ジムに訪れ対談をするというものです。

元々TAKUYA∞さんは大の格闘技好きで、亀田興毅さんとも10年来の中。

また自身も非常にストイックで数年間1日も欠かさず10kmのランニングを毎日行っているそうです。

今回の番組のテーマ曲ともなっている「PLAYING RUN」ですが、この歌詞に対して二人で熱いトークを繰り広げました。

この曲はTAKUYA∞さんがRUNNING中に書いた、自分のすべてを詰めた曲だそうです。

自分はてっきり”番組用に作った”と思っていたのですが、どうやら違うようですね。

TAKUYA∞さんが自分のすべてを出した曲を作った後、重なる部分があると感じ亀田興毅さん(番組スタッフ?)がオファーしたという感じの様子。

特に語られた歌詞としては、

文句があるならお前もマイク持ってステージ立って全部やって確かめりゃいいだろう

TAKUYA∞さんも亀田興毅さんも思うところがあるようでした。

亀田興毅さんに関しては、当ブログでも記事に書いたことがありますが、”マッチメークの妙”によって勝ってきたチャンピオンで本当は強くない、というコメントがあることはあります。

ご本人もそのコメントはちゃんと把握しているようで、

弱いっていわれもな~ごめんな~。とりあえずジム来て一回スパーリングしよう。3分もてへんから

というコメントを言われていますね。

 

他にも

努力をせずに夢を叶った人と

努力をしても夢が叶わなかった人

たとえ僕は叶わない人だとしても この足を止めはしないだろう

ミュージシャンの世界で実際に良くいると、TAKUYA∞さんがおっしゃってました。

亀田興毅さんとしては、努力せず叶ってしまった夢は本当にうれしいのか?とおっしゃっていました。

 

また、TAKUYA∞さんがいまだにRUNNINGを毎日10km走っていることを聞いて、亀田興毅さんはかなり感化されたようです。

今日しゃべってみて、もう1回頑張らないといけないと思った

今までも真剣に頑張ってきたけど、もう1段階更に上げて頑張る

全盛期を超えるくらいのところまで行きたい

自分自身31歳だからまだいけると思っている

ただ気持ちは辞めているから、気持ちがなかなか入らない

更にこれ以上の頑張りを見せてくれるのですね。

ファンとしては非常に楽しみです☆

なお、さりげなく爆弾発言をしておりましたが、筆者は見逃しませんでした。

まだ先2,3年プロとしやっていけるとは思っているが気持ちがそこまで追いつかない

あとは、自分の中に眠っているものが自然と出てくることにかけようかな

これはもしや、引退撤回の可能性があるということ!?

希望的観測かもしれませんが、全部やって確かめれば良いですね!

友人市原隼人さんインタビュー

亀田興毅さんは本当に優しい人間、優しすぎて損するんじゃないかくらいの人です。

とのこと。

本当良い声ですね。笑

体力が心配ですね

とおっしゃっていました。

昨年の「亀田興毅を倒したら1000万円」では試合間同行されていたとのこと。

その時、身体が追い付いてこない足がついてこないとか言っているのを見ていたそうです。

今はとても怖いと思う。それ以上の何かを掴みたいときなのではないか?

3月31日 第1回(4月1日追記)

今回の放送は以下の内容構成でした。

  • ロンブー淳さんとの会談
  • 記者会見生放送

以前より予告されていた”対戦相手の発表”はこの記者会見生放送の中でありました。

会談

淳さんとの会談の中では、まず亀田興毅さん及び亀田一家の過去について語られます。

  • ずっとボクシング一筋であったこと
  • 色々あって、急に日本の敵となったこと
  • そこからは大変で、試合もできず2年間もの間の苦しい生活を送ったこと

過去の問題の1つのきっかけとなった、亀田興毅さん(亀田一家)のビッグマウスについて、淳さんからこう尋ねられました。

当時はやっぱり演じていた部分があったのか

(当時ビッグマウスだった)19歳っていったらまだ子供だよね?

それに対し亀田興毅さんは、

亀田一家の長男を演じていた

ただ、この世界目立ってナンボ

パフォーマンスとして必要であった

今となっては、もっとうまくやれば良かったのと思う

とおっしゃっていました。

ネットで調べると、実は亀田興毅さんはとても礼儀正しく、またお優しい方だそうです。

ただ当時はプロボクサー、チャンピオンとしてそんなところを見せてはいけない、ということであの態度をとっていたようですね。

淳さんもおっしゃっていましたが、未だに亀田興毅さんのことを勘違いしている方が多くいるのだとか。笑

「ビッグマウスの生意気な男。顔寄せてメンチ切られる。」

でも実際は全然そんなことなく、本当に紳士だそうです。

今回の復帰では、自身のことだけでなく、もっと大きな視野でボクシング界全体を盛り立てたい、という発言もされておりましたね。

自身がとても辛い思いをしたが、それよりもボクシング界のことを考えているなんて、大人すぎます☆

また会談の中では、

0から始まってチャンピオンになり、色々あってまた0になったが、また再起した

ということが言われていました。

淳さん曰く、

2度0を味わった強さがあるから、また復帰もできるんだね!

とのこと。

確かに一度頂点を極めた人が0になる、というのは本当に辛いものだったと思います。

それでも再起できる根性と能力、本当に尊敬いたします。

記者会見

記者会見では、「以前の亀田興毅が帰ってきた!」という装いで臨まれています。

スーツ、派手なシャツ、サングラスって感じですね。

口調も最近テレビで見るような感じではなく、当時のビッグマウスを彷彿とさせるようなものでした。

ただ、見ていて感じたのは、その成長です。

以前は誰に対してもタメ口で、根拠もない偉そうなことばかり言っているというイメージですが、今回は違います。

自然と敬語をお話しされていましたし、落ち着いた雰囲気で、言っていることも経験を踏まえて、また視野を広く持ってしっかりとした内容の話をされていました。

記者からの質問に対しても、以前の無意味な威圧感を出さず、クールな感じで受け答えしていました。

そんな記者会見ですが、なんと対戦相手発表直後にポンサクレック選手と中継をつなぐといった試みもありました。

中継で見たポンサクレック選手は、現役を退いて長いからかとても優しい表情をしていました。

ただ、身体は全然肥えておらず、引き締まっています

100%勝ちます

と笑顔でいうあたり、ちょっと怖いですね。。。

この中継を経て、亀田興毅さんもばっちり試合モードのスイッチが入ったとおっしゃっていました。

4月7日 第2回(4月9日追記)

今回はEXILEファミリーのGENERATIONSボーカル数原龍友さんとともに、いつもEXILEグループがトレーニングに励むジムでトレーニングを行いました。

内容としては、

  • 3Dスキャン測定で亀田興毅の体を計測!
  • サーキットトレーニングで心拍数を追い込む!
  • 慣れないウェイトトレーニングで肩回りを強化!
  • EXILE御用達スライドボード!

この4点でした。

3Dスキャンでは、日本に7台しかないという体の状況をスキャンできるマシン。

亀田興毅さんも「これナンボ?」て聞いておりましたが、相当お高い物みたいです。

で、スキャンした結果、体脂肪率が7.2%であることが明らかに!

ボクサーとしてはこのくらいがちょうど動きやすいみたいですね。

ただ、階級的にあと8kg落とさなければならない亀田興毅さん。

ここからどう絞るのでしょうか!?

現役時代は絞り過ぎて3,4%の体脂肪率だったそうですが、やはり力が入らず体が重く感じるようです。

今後の亀田さんが注目されます。

次にサーキットトレーニングでは心拍数を追い込むトレーニングを行います。

ポイントとしては、

  • 最高心拍数がどれだけ高い状態を維持できるか?!
  • インターバル(休憩)中にいかにスムーズに心拍数を回復させられるか?!

だそうです。

そこはさすがに亀田興毅さん。

常人では考えられない心拍数190以上でも表情一つ変えず活動されていました。

ただ、問題はその回復能力。

トレーナーが言われていましたがちょっと弱いみたいですね。

今後のトレーニングで鍛えるとしたら、まずはこの辺がポイントになってくるかと思います。

この回復力如何で後半のラウンドの動きが変わってくるようです。

そしてウェイトトレーニング

亀田興毅さんは現役時代、体重を増やしたくないという理由であまり積極的にウェイトトレーニングを行ってこなかったそう。

ベンチプレスなんかは今回初めてやってる、くらいな勢いでした。

そんな亀田興毅さんですが、数原龍友さんのマニアックと言っていいほどの知識を基に、ウェイトトレーニングに取り組んでいました。

正直、こういっては何ですがかなり辛そうでしたね^^;

なんかおじいちゃんみたいな表情になっていました。笑

亀田興毅さんからもしんどいしんどいと弱音を吐くシーンが見られました。

そして最後に、EXILE名物スライドボード

これを使って下半身を集中的にトレーニングしていきます。

「1分間に何回出来るか?」という感じで数原さんと競っていました。

初めはその動きに慣れず、うまくトレーニングできない感じでしたが、一番最後には数原さんを上回る回数を達成!

流石は元世界チャンピオン!

その身体能力は半端ないです。

今回の放送では、亀田興毅さんの地獄のトレーニング風景が垣間見えました。

次回放送内容

次回は以下の内容が予告されています。

フィリピン武者修行&パッキャオ12億円豪邸へ

というタイトルで放送されます。

現役時代もマンネリを感じた際や日本で活動できなかったあとは、フィリピンでトレーニングに励まれていたようです。

懐かしの第2の故郷。

どのようなトレーニングをなさるのでしょうか?

更に、伝説のプロボクサーパッキャオ氏の豪邸を訪問するみたいです。

「同じボクサーとは思えない」という程の豪邸だったようです。

次回の放送も是非お楽しみに!

もちろん当ブログではすぐに情報公開していきます。

見逃された方もこちらで情報キャッチしてくださいね☆

 

 

まとめ

当記事では、亀田興毅選手の復帰に伴い、特集される密着番組「ラスト亀田興毅~最後の現役復帰~」を追いかけていきます。

可能な限り迅速に情報発信していきます!

ブックマークをお忘れなく。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です