湿度を下げるにはタオルが簡単!方法や効果は?扇風機と併用で最強説!

湿気!湿度!人は湿度が70%オーバーになると、不快指数がどんどん上昇していきます。

故に45%~65%程度を目安に湿度を保っておくことが快適に生活するには大切なことです。

湿気って本当に嫌ですよね・・・

カビは生えるし、ダニも発生するし・・・

特に女性はヘアスタイルが決まらなくてイライラしてきませんか?(前髪のうねりとか気になりませんか?)

・・・蒸し暑いので汗をかくので、着たい洋服も着られないし・・・色の濃い洋服だと汗ジミが気になるし・・・(++)

お部屋にエアコンがついている家ではドライ運転をすれば、あの嫌な湿気ともおさらばできるかと思いますが、エアコンがない場合はどうしたらよいでしょうか?

実はタオルを使ってお手軽に湿気をとり、湿度を下げる方法があります!

しかし、今回はこの方法よりも、より湿気を取り除くことができる方法があるのでご紹介します!

タオル、扇風機、氷(2リットルペットボトル)を準備しましょう(^^)

湿気とさようならして、快適に生活しましょう♪

タオルを使って湿度を下げる簡単お手軽な方法!

準備が必要です!

それは「タオル」又は「雑巾

先ず、部屋の対角線上の窓を開けます。

こうすることで、効率よくキレイな空気を部屋の中に入れ、じめじめした空気と入れ替えることができます。

しばらくすると、じめじめした空気が外に出ていくので、部屋の中の空気が換気され、湿度が下がりやすくなります。

そこで、さきほど準備しておいた「タオル」又は「雑巾」でしっかりと、窓についた結露の水滴を拭いて下さい

こうすることで、湿度は下がり、部屋の中の空気も快適な湿度になっていきます!

しかし、雨の日にはできない方法です!!

雨の日に窓を開けてしまうと余計に部屋の湿度が上がってしまいますので注意が必要です!

タオルを使った除湿方法の効果は?

「タオル」を使った方法は手軽で取り入れやすい方法ですが、長持ちはしません

また、外が雨降りの場合できません!

何故ならば、更に部屋の湿度が上がってしまい、とても居心地の悪い空間となってしまうからです・・・(++)

扇風機と併用するとさらに効果UP

では、雨の日でも簡単に湿度を下げて快適なお部屋を作る方法をお伝えします!

準備するものは「ペットボトル」、「タオル」、「扇風機」の3点です!

  • 凍らせた2ℓのペットボトル、乾いたタオルを用意する。
  • 部屋に1のペットボトルを置いて、扇風機をあてる。
  • しばらくすると、ペットボトルの周りに、部屋の湿気がついてくる。

これは、湿度を下げる効果を発揮!

  • あとはその水滴をタオルでこまめに拭きとる。

 

※この水滴は部屋の中にある湿度の水と凍らせたペットボトルの温度差により、湿度の水の温度の方が高いので、凍らせたペットボトルに冷やされて、水滴となって、出てきたものです。

なので、この水滴が湿気の正体というわけです!!

たくさん水滴が出れば出るほど、湿度は下がっていくというわけです(^^)

まとめ

タオル、扇風機、氷(2リットルペットボトル)(^^)

この3点があればもう湿気なんて怖くありません!

手軽に快適な生活を手に入れましょう!

ちなみに、エアコンも使わないので、エアコンをお持ちでない方でも手軽に取り入れられる方法です!

じめじめ、じとじとで不快指数が上がってきたら是非とも試してみて下さい(^^)

夫婦やカップルの喧嘩も減るかもしれませんよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です