縄跳びの子供に対する効果が凄い!身長、ダイエットやおすすめの回数

皆さん、一度は「縄跳び」をしたことがあると思います。

学校の体育の授業でも行われている地域もありますね。

この「縄跳び」が実は子供の成長によい効果が期待できると話題になっています!

子どもって結構自分の身長を気にしますよね。

「もっと大きくなりたい」

まだ大きくなれる可能性があるからこその悩みだと思います!

また以外にも子供でも、特に中学生くらいになってくると女子はダイエットを気にしだします。

これらがすべて縄跳びで好転するって知っていましたか?!

そこで今回は「縄跳び」の素晴らしさをリサーチしましたので、ご紹介いたします(^^♪

成長期のお子さんをお持ちの親御さん!!

子供の学力や身長を伸ばすためにも「縄跳び」をすることはよい効果がありますよ!

休日はお子さんと一緒に「縄跳び」をしてみませんか?(^^)

縄跳び運動の子供に対する効果はどんなことが期待できる?!

ダイエット効果

「縄跳び」は運動ですので、運動不足解消や基礎体力をつける効果があるのはなんとなくお分かりかと思います。

つまり縄跳びを行うことでダイエット効果は十分に望めるということです。

その効果は何と!

有酸素運動として有名な軽いランニングまたはウォーキングの消費カロリーの1.3倍から2倍にもなるようです!

時間が無くてランニングとか無理

という方は、2倍の効果があるといわれている縄跳びで、時短ダイエットを行ってみると良いかもしれません。

学力アップ

また、ダイエットには実は学力アップにも「縄跳び」が役立つと言われているのはご存知でしょうか?

縄跳びをすると、着地の瞬間に、両足の骨に大きな衝撃が加わります。

そうすると、骨からオステオカルシンというたんぱく質が分泌されることが、米国のコロンビア大学などの研究で明らかになりました。

このオステオカルシンは脳の神経細胞に働きかけ、記憶力を増強させる効果を持つという実験結果も論文として発表されています。

つまり、足の骨に衝撃が加わる運動は、記憶力アップ=学力アップにつながるのです!!

これは足の骨に衝撃を加える運動ならよいので、例えばウォーキングもGOOD!

しかし、お手軽かつ確実に足の骨に衝撃を加えるといえば「縄跳び」!

縄一本あれば家の中でもできますよ♪

身長を伸ばす

縄跳びが身長を伸ばすってなんかどこかで聞いたことがある気がしますよね。

そうなんです。

縄跳びには身長を伸ばすことを促進する効果があります。

小学生、中学生くらいの男の子は「もっと背が大きくなりたいなぁ」と思われている子も多いでしょう。

また親御さんにとっても「もっとうちの子大きくならないかしら」と大半の方が思われていると思います。

身長を伸ばす効果が手軽に得られるということで縄跳びはとてもおすすめな運動となります。

身長を伸ばすのに良い理由

身長が伸びる要素は「栄養」「睡眠」「運動」の3つがあります!

縄跳びはこのうちの「運動」として、子供の身長を伸ばすのに良い影響を与えると言われています。

しかし、一要素にしか過ぎません。

でも、運動の1つとして「縄跳び」は手軽に行えるのでオススメです!

 

ただネットを見ると「伸びない」とされている方の主張されている方も相当数いらっしゃいます。

基本的には”縄跳びだけでは伸びない”という感じでしょうか。

それはまぁ確かにそうかもしれませんね。

十分な栄養、睡眠があってこその効果だと思います。

 

縄跳び自体行うことで、ジャンプすることによる骨端軟骨と呼ばれる部分に刺激が与えられ、身長が伸びやすくなると考えられています。

 

 

 

 

 

 

※フィットネスの勧め様(http://www.i-l-fitness-jp.com/comment/ko-epiphyseal-cartilage.html)より引用

またジャンプすることで、脳下垂体が縦に振られます。

これにより成長ホルモンの分泌が促進されると主張される研究者もいらっしゃいます。

良く「学生時代バレーやってたから」「バスケやってたから」と言っている大柄な方いらっしゃいますよね。

あれはこの縦方向へのジャンプ運動の成果とも言えます。

となると縄跳びで身長が伸びるというのは、理論上正しいことなのだと考えます。

 

もちろん、十分な食事(栄養)と睡眠は必須ですよ!

ダイエットに良い理由

「縄跳び」のあの動きは全身運動になります。

全身を使うことで、有酸素運動ですので減量効果があります。

上記でも紹介しましたが、たった10分間縄跳びをするだけでも、消費カロリーは軽いジョギングの1.3倍から2倍と言われています!

更に運動することで筋肉量が増える。

筋肉量が増えると基礎代謝量も増えるので、痩せやすい体になります。

自宅でテレビを見ながら縄跳びをするだけで、ダイエット効果が期待できるのです!!

寒くて外に行くのが億劫な時は自宅で「縄跳び」をしてみてはいかがでしょうか?

 

また、もし縄跳びを行るなら朝がお勧めです。

朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、食欲や代謝に影響を与えるホルモンが分泌されます。

これにより過食が抑えられ健康的な体質になります。

縄跳び効果とも相まって、ダイエットには非常に効果的です。

おすすめの頻度や回数は?

「縄跳び」初心者はまずは、体をまっすぐにして、跳ぶリズムを身に着けることから始めましょう。

この時、縄は持たずに「エア縄跳び」でよいです。

フォームの確認をするため、鏡の前で跳んでみましょう。

 

慣れてきたら、10分間!!

最初は長い時間連続して跳べないと思いますので、10秒を10セットというように、小分けにして跳んでみましょう。

そこまで体に負担がかかる運動ではないのでできれば毎日行ってほしいですが、難しい場合は週末だけなどと行う曜日を決めて、徐々に回数を増やしてみましょう♪

 

縄選び&靴選び

初心者は軽い縄を選びましょう。

重たいものは手への負担が大きく疲労を感じやすくなります。

お子さんにも同様!

大人より筋力がありませんので、軽いものを選んであげて下さい。

縄の長さも大切!

長すぎると上手く跳べません。

その子に合わせた長さのものを選びましょう。

目安としては・・・

4~5歳で初めて縄跳びの練習をする子供は、やや短めの縄跳びにするといいでしょう。

目安は身長+40~50cmで、実際に調整してみると驚くほど短く感じると思います。

小学校低学年になると身長+55cmが最適です。もしくは両足で縄跳びを踏み、腕を90°に曲げた状態になるように調整してあげましょう。

以下の商品は、特に小さいお子さんにおすすめの縄になります!

デザインもかわいいですが、グリップ部分が連結出来るようになっていますので、公園での電車遊びなど様々な扱い方が出来ますよ♪

 

また、跳ぶ動作は関節への負担が大きいので、厚底の靴がオススメです。

自宅でする場合はマットを引いて騒音にも配慮しましょう♪

ウォーミングアップも忘れずに!

幼児、低学年?何歳から始めた方が良い?

オススメは4歳、5歳!

このくらいの歳になると一気に理解力が高まります。

また、一度に複数の運動を組み合わせられるようになります。

たとえば縄跳びの場合「ジャンプ」「まわす」「バランスをとる」の3つが必要です。

 

縄跳び運動自体は時間にもよりますが、そこまで体に大きな負担をかけるものではありません。

またこのくらい単純な運動の方が、小さい子供にはかえって楽しく感じるものです。

初めは上手に飛べませんが、4歳5歳の子からチャレンジしていくと恩恵は大きいかと思います!

まとめ

今回は「縄跳び」のもつ効果についてご紹介いたしました!

手軽に出来る運動の一つです!!

大人・子供の両方にオススメな運動です♪

ご家族で「縄跳び」を楽しんでみませんか?

寒い日は家の中で何回跳べるか!どちらが長く跳べるか!など競争してみると楽しみながら運動不足解消、そしてお子さんの成長や学力アップを促すことができますよ(o^―^o)