仁和寺紅葉の2018年見頃はいつ?ライトアップや混雑情報なども紹介します!

そうだ、京都へ行こう、なツアーでおなじみ、秋の紅葉スポットで有名な仁和寺。

2018年の紅葉情報をピックアップするとともに、始めていく方向けに、混雑状況やアクセス方法などを一挙ご紹介!

今年の秋はぜひ美しい景色を見に京都へ行ってみましょう♪

仁和寺の紅葉の2018年の見ごろはいつ!?ライトアップはする?

ようやく猛暑が過ぎ去り、空が高く、空気が澄んできて、秋を感じられますね。

心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。

今年の仁和寺の紅葉情報は心待ちにしているファンのために、すでに出ています♪

紅葉の見ごろ:11月中旬~12月中旬

まだ少し時間はあるので、旅行の計画も余裕をもって立てられますね。

仁和寺の近くには北野天満宮や、7mの立派な大仏様が見られる轉法輪寺もあるので、合わせて立ち寄りやすい、紅葉スポットなのです。

そんな仁和寺の紅葉は京都府内の紅葉スポット内で25位と、ほどほどに良い順位の場所。

仁和寺とは、宇多天皇が平安時代に創建した真言宗御室派の総本山で、平成6年には世界文化遺産に登録されています。

そうした仁和寺において、紅葉に彩られ美しさが増す歴史的建造物は、主に以下の通り。

  • 国宝の金堂
  • 左右に金剛力士像を安置する二王門
  • 五重塔や経蔵

このほかにも境内には様々な建造物が立ち並んでおり、昔の京都の人々もこの紅葉を楽しみに参拝したことでしょう。

紅葉の色どりと歴史の空気を感じられる貴重な場所となっております。

実際に立ち寄った方による紅葉の動画がこちら。

残念ながら、夜間のライトアップは行っていないようなので、明るいうちに紅葉を堪能することをお勧めします☆

どれくらい混雑するのかな。

京都中心部に位置しており、北野天満宮などがそばにあるので、混雑は例年ひどいようです。

紅葉シーズンでなくても、仁和寺は人気の観光スポットですので、大混雑は免れません。

紅葉をじっくりゆったり見たい!そんな方には、開門後すぐの9時~10時がおすすめ時間帯です♪

焦らずに観光するには、自家用車やタクシーなどでの移動も避けた方がよいでしょう。

京都中心部は混雑しやすく、観光スポット周辺の駐車場はどこも満車となり、Uターンしたくてもしづらくなる、など、焦る以上にイライラしてしまう原因に。

電車で大移動を行い、徒歩範囲で行ける観光プランを練りましょう~

ちなみに、定番の紅葉スポットめぐりプランは、仁和寺~竜安寺~金閣寺というルートのようです。

アクセス方法、料金は?

さて、旅行の計画を立てる時に気になるのは、アクセス方法ですよね!

拝観時間や料金も合わせてご紹介します。

【仁和寺の場所・拝観時間】

★場所:京都府京都市右京区御室大内33

★拝観時間;[3月~11月]9:00~17:00(16:30受付終了)

[12月~2月]9:00~16:30(16:00受付終了)

【交通アクセス】

★公共交通機関:嵐電北野線御室仁和寺駅からすぐ

★自家用車:名神高速道路京都南ICから国道1号・府道181号を経由し、府道101号を仁和寺方面へ車で12km

★駐車場:あり(100台)1回500円

【拝観料金】

★御殿拝観料:大人500円・小中学生300円

★霊宝館拝観料:大人500円・中高生300円・小学生無料

おわりに

秋めいてくると、紅葉が見たくなってくるわけですが、どうせなら人気のスポットでうつくしい景色をみたい!そんな望みをしっかり叶えてくれる仁和寺。

歴史的建造物も豊富で、紅葉の鮮やかさをさらに引き立ててくれること間違いなし!

見ごろまでは時間があるので、ぜひ、旅行計画をたてて見に行ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です