加藤虎ノ介は結婚してて子供もいる?本名や性格をWiki風プロフィールで紹介!

突然ですが最近、アラフォー世代の俳優さんの活躍が目覚ましいと思いませんか?

20代では出せない大人のオーラというか、フェロモンというか。

話題の若手俳優も脇を固める味のある俳優さんがいなくては物足りなさを感じます。

 

「気になってる俳優さんがいるけど。。。」、「作品も知ってるんだけど。。」、「役名はわかるんだけど。。。」とか、よくありますよね。

このページで「あぁ、この人のことね。知ってる~」と、スッキリしていただけることと思います。

 

今回、ご紹介する加藤虎ノ介さんは昭和感を保ちつつ平成っ子たちも虜にする力のある俳優さんの一人です。

 

是非、こちらのページで加藤虎ノ介さんの人生の一部をご覧いただきメディアや舞台、映画、CMで観た際には、このページを思い出して下さい。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

加藤虎ノ介の本名や性格は?プロフィールを紹介!

加藤 虎ノ介(かとう とらのすけ)本名、奥田義人。

1974年10月20日44歳。血液型はO型。

大阪芸術大学芸術学部映像学科中退後、劇団「MOTHER」に入団。

長年、舞台を中心に活動している。

存在感は当時からあった。

今ではクールな感じであるが、かつてはコメディの舞台でインパクトのある演技をしていた。

身長167センチと小柄だが表現や仕草に色気?哀愁?深み?が、あって印象に残る。

男にもモテるタイプだと思う。強面ではないけど悪党の役も多々ある。

 

でも、笑うと印象が変わってチャーミングです。

個人的には平凡な役が良さが出てる感じがして好きです。

 

本名の奥田義人で俳優活動していた時期もある。

なんでも先祖が戦国時代に(別称:加藤虎之助)に敗れた堺の武将にあたり、「自分が寅年である上、インパクトもあって強そうだから」という理由から加藤虎ノ介を現在の芸名に。

敗れちゃったけど、ご先祖様はお侍さんだったんですね。

遺恨はなかったんですかねぇ、確かに強そうだけど。

 

趣味はオートバイ、料理、モデルガン。東京から大阪までオートバイで移動することも。

これまた趣味も強そう。

 

そんな加藤さんですが幼少期は体が弱く病気で長期入院していたとのこと。

そのとき素行が悪かったために半強制的に退院させられたらしい。

強制退院って相当悪ガキだったんですね。

病気などで入院していたために小学校の6年間、体育の授業はずっと見学だったんだって。

幼少期の経験も今の加藤さんの演技力につながってるんですね。

魅力的です。

結婚や子供は?

加藤さんは、2014年に一般女性と結婚されております。

ブログもツイッターもされていないので、舞台のチケットを購入してくれたファンへの感謝も兼ね、はがきで結婚報告をされたそうです。

結婚報告をハガキでしてくれるなんてファンは嬉しいですよね。

公式HPではなく、ハガキというのがファンの心を掴みます。

この結婚報告はファンの間で好評だったようで、ネット上では祝福の声が相次いでいたようです。

寅ノ介ロスのファンもいたでしょうけど。

プライベートの話は表に出ず、お子様はいるのか不明です。

役に個人的イメージが付くのが嫌なのかな。そういう俳優さん結構いますよね。

過去の出演作や今後の予定などを調査

世に出たきっかけは「元禄光琳模様(2007年)」

この舞台をNHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」のスタッフが見て同ドラマへの出演が決まった。落語家の徒然亭四草役に抜擢され、女性を中心に魅了することとなった。

翌年の2008年には、こんな武勇伝がある。

NHKの「スタジオパークからこんにちは」に、出演された際に番組内で質問を募集したところ、ファンからメールが殺到 ‼

サーバーがダウン ‼ NHKでは前代未聞の出来事が起こったのだ。

現在では渋さがましてダンディですがミステリアスな感じは当時からあったのでしょう。

女性ファンは、ここぞとばかりにメールで質問攻めにしたんですね。

気持ちは分かります。

 

加藤さんは現在に至るまでに舞台、ドラマ、映画にCMと数多く出演されています。

 

「ダスキン」のCMで、観月ありささんと共演しています。

コミカルな 旦那様の役でしたよ。

 

映画では2009年「ニセ札」からはじまり多数の作品を経て、2018年「人狼ゲーム インフェルノ」と、俗にいうバイプレーター。

 

大河ドラマ、「3年B組金八先生」「相棒」、「HERO」「科捜研の女」サスペンスと2013年に放送され社会現象となったドラマ「半沢直樹」にも出演していました。

まだ、ご記憶に残っている人もいるでしょう。

最近では、ドラマ「あなたには帰る家がある」の茄子田家の息子・慎吾の実父役でした。

ほんの少しだけの出演でしたが印象に残るシーンでしたね。加藤さんのこういう実父役の演技が生々しくて好きです。

ユースケ・サンタマリアさんの演技もよくて泣いちゃいました。

 

来年1月7日スタート‼フジテレビ「トレース科捜研法医研究員の追想」沖田徹の役で出演します。

公式のHPで確認できますよ。

 

舞台で生の加藤虎ノ介さんを観れます。

2019年4月10日~21日 下北沢駅前劇場「ヒトハミナ、ヒトナミノ」

作 横山拓也 演出 松本祐子

 

是非 ”生虎”を、ご堪能ください。

 

来年も楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です