ワークナーデレセ(拓殖大学)の生年月日と歳はいくつ?卒業後の進路は?

拓殖大学のエチオピア人留学生ワークナーデレセさんは、拓殖大学の留学生で主将を務めている選手です。

正月の定番、箱根駅伝やその前の出雲駅伝で注目された選手です。

拓殖大学を卒業したらどうするんでしょうか?

とっても家族思いの選手なので、きっと家族のために色々考えている事だと思います。

その他実績等も調べてみました。

拓殖大エチオピア人留学生ワークナーデレセのプロフィール!生年月日や歳は?

名前:ワークナー・デレセ・タソ

生年月日:1995年7月23日

身長:169センチ

体重:50.8キロ

血液型:O型

在籍:拓殖大学

現在23歳です。

性格は、日本人より日本人らしい性格だと言います。

納豆も好きだと言います。

最初は、敬遠していたそうですが、食べたらハマってしまったそうです。

日本に来て、間もない1年の時から自ら進んで監督が食堂に来るとお茶を出してくれたり食器を片付けたりしていたそうです。

監督は、国が違えどワークナーデレセ選手の人を思いやる気持ちが主将に向いていると思ったそうです。

生い立ちや経歴を徹底調査

ワークナーデレセ選手は、エチオピア出身です。

ムカラ中学校卒業して、メダニアレム高校卒業してから拓殖大学に入学しました。

彼の育った場所は、首都から離れた場所にありました。

初めて走ったのは、高校1年生の頃で走ろうと思ったのは、テレビの影響からでした。

高校には、陸上部がなく陸上を独学で勉強しました。

独学で勉強するなんて凄いですね。

よほど走る事が好きなんですね。

でも走り続ける彼の事を理解してくれる人はいませんでした。

お母さんからも

なぜ走るの?止めなさい

と言われたそうです。

高校で日本で陸上経験がある先生と知り合い、日本に留学する事になりました。

エチオピアにいた頃の練習量は、1500m3000m専門で練習は1週間に3回くらいしか練習していなかったそうです。

日本に来て一番驚いた事は、大学の練習量でした。

拓殖大学での活躍や陸上選手としての実績は?

最初のうちはあまり良い成績を残せなかったようです。

それでも監督は、しばらく待って欲しいと言ったそうです。

本当に素敵な監督ですね。

ワークナーデレセ選手は監督のことを”日本のパパ”と呼んでいるそうですよ。


引用元:https://flower-s.jp/tamatebakonet/files/user/interview/takushoku/10.jpg

彼の今までの成績は、

5000m 13分55秒72

10000m 28分19秒16

ハーフマラソン 1時間05分34秒です。

2018年の箱根駅伝では、第2区を走り8人を抜いた記録もあります。

おかげでシード権獲得出来たようです。

これからが期待出来る選手ですね。

納豆パワーのおかげかもしれませんね。

2019年の記録も凄くて、区間章を獲得しました。

卒業後の進路は?

1番大切な物は、家族と答えるワークナーデレセ選手、現在4年生でもうすぐ卒業です。

今後の進路はまだ分かっていません。

もしかしたら、エチオピアに帰国してしまうかもしれません。

成長著しい選手なので、陸上続けてもらいたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

ワークナーデレセ選手は、拓殖大学の主将です。

留学生で主将を任せられるのは、異例と言えると思います。

日本に来てしばらくは、良い成績を残せなかったようですが、

最近は、素晴らしい成績を残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です