1R1分34秒(芥川賞)のあらすじを分かりやすく!小説を読んだ感想、レビューも紹介

160回芥川賞を受賞した1R1分34秒は、ボクシングの話です。

普段、ボクシングを見ない、ルールも分からない自分でも楽しく読む事が出来ました。

主人公は、ぼくです。

他の登場人物も誰も名前が出てきません。

ぼくは、21歳のボクサーでバンタム級です。

デビュー戦は、K.O.を飾る事が出来ましたがその後は、負けてばかりいました。

続きのあらすじはこの後です。

1R1分34秒(芥川賞)のあらすじを見れば読みたくなる!

あらすじをまとめてみました。

この作品は、新人プロボクサーの葛藤と青春を描いています。

主人公のぼくは、負けてばかりのプロボクサーで、試合のたびにいつ辞めようか考えていました。

次の対戦相手は、近藤青志という選手でしたが結局負けてしまいます。

ある日、今までのトレーナーが変わってしまいます。

見放されてしまったのでは?と考える僕。

新しいコーチ、ウメキチは今までトレーナーとは違うトレーニングでぼくを鍛え上げていきます。

ウメキチは、主人公とは、真逆の性格でしたが、最初のうち、ぼくは不信感を抱きながら接していました。

ボクシングが中心の話ですが、ナンパした女の子とのエピソードや映画撮影をしている友達の話も出てきます。

主人公が苦悩する姿を描きながらも、人との出会いによって徐々に成長が描かれている作品です。

 

小説を読んだ人の感想、レビューを集めてみた

実際に読んだ方の感想、レビューを集めてみました。

人の考えは千差万別、良いコメントも悪いコメントもありますが、すべてをお出ししますね☆

読むかどうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください!

面白くて、毎日少しずつ読んでいきました。

 

誰かの成功シーンは描かかれていないけど間違いなく成功を描いた小説だと思う。

 

1人称で書かれているところが面白い。

 

トレーナー、ウメキチとぼくとの掛け合いが面白い。

 

ボクシングの試合をリアルで見ているような迫力がある作品。

 

主人公のぼくを応援したくなる。

 

ぼくの心の葛藤がひしひし伝わってくる話でした。

 

もう一回読みたいと思います。

 

ボクシングを知らないですが、ボクシングの事が少し分かったような気がします。

 

ボクサーの減量って、凄く大変なんですね。

初めて知りました。

 

もう少し対戦のシーンがあったら良かったのになと思います。

対戦のシーンが特に好きです。

 

平仮名が多くて読みにくい作品。

 

感情移入が難しい話だと思いました。

町屋良平氏の他作品も簡単なあらすじとともに紹介!

町屋良平さんの他の作品を調べてみました。

どれも爽やかな物語が多いです。


引用元:https://www.mishimaga.com/books/honya-watashi/000787.html

青が破れる

ボクシング小説ですが、1R1分34秒とは少し内容が違います。

ボクサー志望の秋吉が友人に頼まれて、病気の彼女に会いに行く所から話が始まります。

登場人物5人のうち3人が死んでしまう話です。

 

2しき

フツーの高校生の話ですが、恋や努力や友情について描かれている青春小説です。

 

 ぼくはきっとやさしい

無気力な男の子が主人公の物語です。

ピュアな恋愛が描かれています。

 

まとめ

いかがでしたか?

1R1分34秒は、平仮名が多いボクシングの小説です。

平仮名が多いので読みにくく感じる方もいるようです。

ボクシング小説ですが、ボクシングについて知らない方でも読みやすい小説です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です