資生堂おしろい(令和)の値段や使い方は?発売日や予約開始日、購入方法なども

新しい年号「令和」が発表されてから、実際に令和になるまで、本当に早かったですね!

1月に新年を迎えたばかりですが、なんだかまた新年を迎えたようで、心が改まります。

さて今回は、限定発売される資生堂おしろい(令和)に大注目!

新年は美容に力を入れたいと思っていたけど、もう5月・・・なんてあなた!

「令和」を新たな美容年の幕開けにしませんか。

発売前に知っておきたい「限定商品」の情報が盛りだくさんです。

資生堂おしろい(令和)とは!?特徴や値段を紹介

資生堂おしろい「令和」とは、資生堂が令和元年を記念し、令和のイメージをおしろいで再現した商品です。

新元号を決める際に参考にされたという万葉集の梅花の歌三十二首には、「香」という文字や、「粉」という文字が多く含まれているのはご存知ですか。

資生堂はそれをヒントに、「令和の時代が全ての人にとって、美しく、かぐわしくありますように」との願いを込めて資生堂のおしろい「令和」を作り出したんですよ。

 

美しくかぐわしくなんて、女性なら誰でも憧れますよね。

そんな美しくかぐわしい資生堂おしろいの「令和」は、美粧箱入りで、おしろいだけでなく、香水もセットになっています。

梅や蘭をイメージした香りは強すぎず、日本の女性らしさをより一層引き立ててくれます。

 

とはいっても、まずは「令和」を手に入れないことには話は進まない!

2019年5月1日から、資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス(オンラインショップ)」、SHISEIDO THE STORE、SHISEIDO GINZA SIX店にて予約を開始します。限定発売商品なので、予約なしで手に入れることは出来ないでしょう!

日本国内限定なので予約をするなら今!

そして気になるお値段ですが、12,000円(税抜)

「限定商品」で、しかもおしろいと香水のセットなのにこのお値段は破格といえますよね!

資生堂おしろいの正しい使い方は!?

資生堂のおしろい、基本的には他のおしろいと使い方は同じ

リキッドファンデや、クリームファンでの上から最後におしろいを叩き、化粧持ちを良くします。

ルースパウダーといってパウダー状のものなら、ブラシを使い、頬のあたりからパウダーを散らしていき、残ったパウダーで顔全体を整えると肌がより一層輝いて見えますよ。

つけすぎると肌がテカテカな見た目になってしまうので、軽くはたくくらい、ちょっと足りないかなと思うくらいで十分!

化粧直しとして持ち歩きたいのであれば、パフも持って行きましょう。

化粧直しの際にブラシでおしろいを叩くとかなりの確率で化粧が寄れちゃうんです。

なので、化粧直しの際はブラシではなくパフで浮いた部分などを抑えるようにして使用するのがおすすめ。

購入方法は?

資生堂おしろい「令和」の購入方法はオンラインショップか、SHISEIDO THE STORE、SHISEIDO GINZA SIX店で予約をして購入する方法しか、現在のところありません。

また、数量限定のため、予定販売数に達し次第予約を打ち切るため、一般販売を待つのはNG

しかも「数量限定」とは書いてありますが、その肝心な数量はいくつかは発表されていないんです!

日本限定商品ですが、ネットでの予約購入は海外からも可能ですし、予約開始日から、オンライン上でも店舗でも混雑となることは間違いないでしょう。

発売日、予約開始日の情報など

予約は2019年5月1日からで、販売は同年12月を予定しています。

予約から販売まで、少し期間がありますから、海外でも人気の高い資生堂ですし、追加で海外向けにもなにか行うかもしれません。

とはいっても、こればかりは、予約状況などによって資生堂が決めること。

動向を見守るしかありませんよね。

予約開始日はオンラインはかなり混雑する予想で、ネットがつながらないなってことにもなりかねません。

ショップに足を運ぶことができるのであれば、直接予約をするのがおすすめです。

まとめ

資生堂の限定おしろい「令和」。これ、かなりお得なセットになっていますし、手に入れない理由はないといっていいですよね。

予約前にちょっとおさらいしておきましょう。

  • 限定おしろい「令和」は数量限定販売
  • 日本限定商品
  • 一般販売の目途はなし
  • 予約はネットか指定された資生堂店舗のみで可能
  • おしろい以外にも香水もセットになっている

化粧品の質に関してはもう文句なしの業界トップクラスの資生堂。

なかなか手に届かないスキンケアラインもありますが、今回のこの「令和」は値段も手ごろで、資生堂商品を始めて買うあなたも安心。

大人なら一つは持っていたい資生堂の化粧品、12月の販売が待ち遠しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です