ネット恋愛で会うと幻滅されるのが怖い!初めて会うときに対策と心構えを伝授

インターネットによる恋愛は時にトラブルになってしまうこともあるので、疎遠になっている人も少なくありません。

しかしネット恋愛を進めていく中で、これからお互い会いたいと考えている時に、アバターなどにしていると実物が違うと幻滅してしまうのではと不安に駆られる女性も多いです。

そこで気に入っている相手とネット恋愛を通じて出会おうとする中で、しっかりと心構えを持っておかなければ精神的なダメージが大きくなります。

対策も考えていきながら、いいネット恋愛を続けていけるようにしましょう。

ネット恋愛で会うと幻滅されるのが怖い!会うべき?会わないべき?

どうしてもネット恋愛で会って幻滅されてしまうのが不安と感じている人でも、恋愛を現実のものにするには会うべきです。

その中で不安に感じている時には、極力会う時間を短時間にするようにしましょう。

どうしても会いたいと相手から言われた時に、二人きりだと幻滅する可能性もあるため危険です。

そこで不安に感じる時には人通りが多いお店などに行きながら印象を変えていき、お互いの様子見を中心に過ごしていくようにしましょう。

 

そんな中で特にネット恋愛の中で幻滅してしまうのが、相手が会った時に思っていたイメージと大きく違う点が違和感を感じることが多いため、その後の恋愛につながらないことが多いです。

その点に注意しながら、日々連絡を取っていく必要はあります。

あっても良いタイミングとは?どこまで親密になればOK?

ネット恋愛は基本的にメールなどで徐々にコミュニケーションをのデータを見ていくと、だいたい1ヶ月程度で会っている情報が出ています。

大きな目安として考えながら、ネット恋愛を成就させていくようにしましょう。

長いか短いかは個人差がありますが、判断するポイントを把握するようにしましょう。

極端に短すぎると不安になってしまうこともありますが、長すぎるとマンネリになったりモチベーションが低下してしまいます。

やり取りの頻度で変わることもありますが、関係性が出来上がったところで1ヶ月経過している傾向にあります。

外見や趣味などで嘘をついてしまっていたらどうすれば良い?

もしも理想の相手がネット恋愛で見つかった時、少しでも気を引こうとをついてしまう傾向にあります。

もしも色々と嘘をつきながらネット恋愛を進めているのであれば、心構えとして幻滅は覚悟した上で付き合っていきましょう。

ネットと現実は異なるので、違和感などを覚悟しながら付き合っていくようにしましょう。

顔に対して幻滅してしまったり、趣味などで騙していると認識してしまうと成立しないこともあります。

相手も幻滅や嘘をついてしまうケースがあるので、その点はお互いに心を広く持っておくようにしましょう。

そんな中で外見や趣味を伝えていく中で、どうしても気を引こうと個人情報を多々流すのはやめておくようにしましょう。

教えるの電話番号やアドレス、そして年齢までにしておきましょう。

ヤリモク、冷やかし、遊びを見極める方法はある!?

知り合っても冷やかしだったりヤリモクそして遊びだとしたら、ネット恋愛を終えたいと考えたいところでしょう。

実際に会う前に判断することができれば、時間を少しでも短縮することができます。

本当にいい人なのかは会うことがベストですが、やり取りで判断することもできます。

例えばメールで急にタメ語を使う教養がない人や、過去の恋愛などを聞いてくるデリカシーがない人だと危険です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ネット恋愛は確かに手軽で、多くの人とコミュニケーションを取ることができます。

しかしネット恋愛は会うタイミングやそこまでの情報交換などがしっかりとできていても、多少は幻滅するケースもあるので、その点を覚悟しながら付き合っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です