腹ペタ体操は効果なし!?口コミ、評判や正しいやり方動画など!

皆さんは「腹ペタ体操」を知っていますか?

腹ペタ体操とは、整体師の森田愛子さんが考案したというぽっこりお腹を解消するエクササイズです。

この腹ペタ体操のポイントは、普段の浅い呼吸を変えて、深い呼吸にすること!

深い呼吸(腹式呼吸)で呼吸を行えば内臓が元の位置に戻り、ぽっこり下腹が解消されます!

今回は「腹ペタ」体操の正しいやり方についてご紹介します!

腹ペタ体操は効果あり?なし?

40代、50代、60代の女性3人の効果です!

3人は三日間「腹ペタ体操」を行ってもらいました!

結果は・・・-9㎝、-4.6㎝、-4㎝という驚異的な数字を叩き出しました!

毎日の習慣にできればぽっこりお腹ともさようならできそうですね(^^)

実践者の口コミや評判は?

実践者の方の口コミです。

見てみると、腹ペタ以外の不調にも効果が期待できるようです♪

呼吸を整えることで姿勢の矯正ができ、それが不調を取り除いたり、腹ペタにも効果があるのでしょう(^^)

  1. 腹ペタ体操やったらビックリするくらい背中ほぐれた
  2.  ダイエットには呼吸が大切!
  3.  腰痛、肩こり、片頭痛にも効果があった

ぽっこりお腹の原因は呼吸法にあり!正しいやり方を紹介!

「腹ペタ体操」の正しいやり方、2種類の体操をご紹介します。

その1 深く息が吸える、うずくまり呼吸

  1. 椅子に浅く座るか、正座する。
  2. 両手をふんわりと前に出し、手のひらを返してひじをお腹へあてる。
  3. くっついたひじを体に引き寄せながら体を前に倒す。(この時、手のひらの間に顔が入るようにする。)
  4. 顔をうずめたまま、鼻からゆっくりと息を吸いこむ。(背中の方に空気が入るよう、意識します。)
  5. 目いっぱい息を吸いこんだら、口から息を這いながら、体を伸ばす。(息を吐き切るまで、体は伸ばしたままにします。)

※1回7秒×5セットを行います。

その2 背中の緊張をほぐす、手ゴロゴロ体操

  1. 仰向けになって、左手を右手に沿うように伸ばす。
  2. お尻から順にゆっくりと元の体勢に戻していく。

おすすめの解説本を教えて!

 考案者の森田さんは「奇跡の3日腹ペタ」という書籍も出版されています。

 

しっかりと「腹ペタ体操」を体得したいなら、本を読んでみませんか?

美しい体型になれば、人生が変わりますよ♪

また、今回の「腹ペタ体操」だけでは物足りない、という方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか☆

まとめ

今回は自宅で簡単にできる「腹ペタ体操」についてご紹介しました。

正しいやり方で行えば、腹ペタのみならず、腰痛などの症状の緩和にも効果が期待できます!

まずは三日間試してみて下さい♪

たった7秒✕5回=35秒、手ゴロゴロが左右10セットを2分で、合計3分程度!

これを3日間やるだけで、下腹が減っこむ可能性があるなら、やりましょう♪

これすら出来ない人は、痩せられないと思うので、意地でもやりましょう!

筆者も早速取り組みたいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です