床暖房の電気代はつけっぱなしがお得!?一日中使う場合コストはいくらで節約方法は?

季節の移り変わりを感じる今日この頃・・・

そろそろ朝晩の冷えを感じてはいないでしょうか?

皆さん、暖房設備は何を利用していますか?

エアコンですか?

ガスや電気ストーブを利用している方も多いのではないでしょうか?

今回は足元から暖めてくれる床暖房についてご紹介します!

実はコスパもよく、安全性も高い暖房設備としてオススメなんですよ(=V=)V

床暖房の電気代はずばりつけっぱなしがお得なの?!

ずばりお得です!!

夏場の冷房設備としてエアコンを利用している方もいるかと思いますが、エアコンと床暖房は一緒!

細々つけたり、消したりするよりもつけっぱなしの方がコスパが良いのです。

何故ならば、床暖房は電気やボイラーなどで水を温め、床下に温水を循環させて部屋を温めているからです。

何度も床暖房のスイッチを消したりつけたりすると、水を温水にするのに電気やボイラーを使うので、お金と時間がかかってしまうという訳です。

特に寒い地域に住んでいる方!!

どうせ毎日寒いですので、ずっとつけておくのが無難でしょう。

といってもケチな筆者はスイッチOFFしたくなります・・・・

なので、コストがどのくらいかかるのかリサーチしました!

一日中使った場合の大体のコストはいくら!?

お住いの地域や床暖房の設備により誤差はあります。

床暖房24時間つけっぱなし ・・・ 約9(円)×24(時間)=約216(円)

これを一か月30日間で計算すると・・・約216(円)×30(日)=約6,480(円)

これは安い!!

寒い地域に住んでいる筆者!!

2月の暖房代は1,0000円近くになりますよ・・・

ちなみにパネルヒーター・・・

今年の冬は絶対に床暖房にします!!!

そして、寒い地域に住んでいると約半年間は暖房とお友達ですよね・・・

特に朝晩の冷えは厳しい・・・

昼間も天気が悪かったり、太陽の光が当たらない部屋では暖房設備がないと死にますよね・・・

そこで、次は節約しつつ、快適な暖房ライフを送るためにどうしたらよいかお伝えしますね(^^)

節約方法に最適な設定温度は!?

目安温度はエアコンより2~4度低め!

夏場に25度設定をしていた方は23度くらいでもよいでしょう。

何故ならば、エアコンより体感温度が高いからです。

低めの温度でよいならば、その分節約につながります。

そして、さらに効率よく部屋を暖めるコツは、ラグやカーペットをひかないこと。

床暖房は「輻射熱」や熱伝導などで部屋を温めています。

ラグやカーペットを敷いてしまうと、室内に輻射熱が広がりにくくなり、かえって暖房効率を下げてしまうのです。

でも、ひんやりした床の部分もあるし・・・

特にキッチン!!

寒くないですか?

朝起きて朝ご飯を作る時辛くないですか?

オススメはスリッパ&靴下!

筆者のオススメはもこもこのスリッパにもこもこの靴下の二重履き!!

これがあれば大丈夫◎&床暖房で床をほかほかに暖めておけば無敵ですね(^^)

まとめ

今回はこれからの時期に大活躍の床暖房についてご紹介しました。

色々な暖房設備がありますが、こんなにもコスパがよいことに筆者も驚きです(^^)

早速この冬は床暖房にしてみたいと思います♪これで快適な冬を過ごせること間違いなし♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です