手帳を持つ男はおしゃれに見える! 2018予算別おすすめブランド9選!

近年、スケジュール管理をスマートフォンやタブレットで行う方が多くなってきていますが、それでも根強い人気をもつ手帳。

使い慣れた感じで手帳を取り出す男性には気取らず、モノを大切にする人柄がみえて交換が持てますよね。

そして、さっと取り出して書きやすく、書いて記憶をできる上に、データのように消えることはないのが手帳です。

手帳のデザインによっては月の予定が一目でわかるので、スケジュール管理がよりしやすいことも持ち味のひとつ。

1年が終わる頃の少しくたっとした感じに、使いきった満足感があり、スケジュールの管理を手伝ってくれた手帳にあたたかい気持ちが生まれる方もいるのでは?

1年間をともにする手帳だからこそ、自分のスタイルにあったお気に入りの物に出会ってほしい!

そこで、今回は、おしゃれな手帳を使いこなしたい男性の皆さんへ、心惹かれる商品を価格別の9品でご紹介します。

5,000円以下

ロディア

山のマークの黄色や黒のメモ帳で有名なブランドからの手帳となります。

カバーとリフィル一体型のポケットサイズ~A5サイズで展開されています。

シャツの胸もポケットに入る薄いタイプがあり、ごちゃごちゃ書かずにシンプルにスケジュール管理したい方にはオススメですね。

見開きしやすい構造で、5㎜方眼のフリースペースにより行動計画のしやすさをサポートしてくれます。

カバーはシンプルな単色で光沢があり、明るすぎない色の展開で選びやすそうです。

トラベラーズ ノートブック

カスタマイズ自在の手帳、育てる手帳をコンセプトに作られており、シンプルな革カバーにゴムバンドで束ねるタイプの手帳です。

リフィルは取り換え可能ですので、中身の仕様を変えやすく、薄手で持ち歩きしやすいようです。

天然素材の為、色ブレやしわなどが見られますが、その方が“特別感”が高まりそうですね。

名入れも可能ですので、価格と品質を比べるとお得感満載です。

5,000~10,000円代

ダ・ヴィンチ システム手帳

カバーの素材は、丹念な職人技が光る高品質な牛革「スーパーロイス」を、手帳の紙=リフィルには、普通紙より薄く作られた手帳専用紙の「トモエリバー」が使われています。

日本のシステム手帳の先駆者として根強いファンがいて、多くの方の信頼を得ている品質。

内装のリングは、収納したい枚数に合わせて60~265枚の間で8段階から選べるので、メモをたくさんする方でもうれしいですね。

また、開閉がスムーズでなくなったり糸がほつれたりした場合、修理保証もあるので、カバーは永く使える愛着のわく一品となっています。

正統派のポケットサイズ、バイブルサイズ、A5サイズまで展開しています。

バイブルサイズは初めてお買い上げの方でも使いやすく、A5サイズでも1万ほどで購入できるのでお手頃ですね。

KAKURA

紐でくるっと革で巻き込むデザインで、製造のほとんどの部分が手作りで、使うほどに味の出る素材感が売りの手帳です。

巻き込むデザインで、革に癖がついて見開きづらいかと思いきや、やわらかな革を無駄なく使用しているため、しっかり開けて、ノート感覚で書きやすいのが魅力です。

裏側に革を貼らないことで軽さを重視し、シンプルかつ上質感漂う雰囲気を演出しています。

ペンホルダーや付箋をいれるポケットがあり、手帳としての機能を保持しながら、軽さを手に入れられそうです。

そして、6穴のリングで市販のレフィルでお好みの中身に変えることも可能。

Mini6穴、システム手帳、A5サイズの展開があるので、用途に合わせて、やわらかな革をお供に仕事へでかけてみるのはいかがでしょうか。

10,000~20,000円代

ブリットハウス

3種類のカバー素材・デザインから選べるシステム手帳を展開しています。

シンプルなきっちり派には、光沢やなめらかなすっきりしたフォルムな「コードバン」を。

使いこんだ感が好きな渋いオシャレ派には、くたっとした革素材の自然な風合いと経年変化した革本来の魅力を手にした時から感じられる「トスタレザー」を。

シンプルでは物足りない派には、凸凹の格子柄が施された独特の素材感で、手に馴染みやすいホールド感をもった「グラータ」を。

コードバンはバイブルサイズのみで、他2種はミニ、バイブル、A5サイズで展開しています。

革へのこだわり、遊び感が大事に使いたくなる運命の手帳に出会えた喜びをもたらしてくれそうです。

KNOX 新ラルス システム手帳

「ラルス」とはスペイン語で“光”を意味するそうで、その名の通り上品な光沢感が特徴のシリーズの手帳となります。

ぴかぴか!という光沢感ではなく、しっとりとした安心感のある光沢感で革の良さがひきだされています。

きめ細やかな縫製で整えられて、充実したポケットやペンホルダーを完備した機能性にも優れた6型リング型の手帳です。

サイズはミニ、バイブルサイズ、A5サイズの展開です。

この新ラルスのほかにも、お値段が上がりますが、最高級のフランス革を使用した「オーセン」シリーズなどもあり、幅広い年代や好みにあわせた技術力の高さが品質の良さを物語ります。

20,000~50,000円代

土屋鞄製造所 トーンオイルヌメ マルチポケットバイブル手帳

 

スケジュール管理で手帳を手にするだけなのに、その優しい肌触りと表情豊かな革で贅沢感を味わえる手帳となっています。

上品なデザインでスケジュール管理だけでなく、趣味用のノートに使ったりアイディア帳としても使えたり、多様なシーンで活躍してくれる一品です。

手帳のホック留めと言えば、中央のバンドで留める手帳が多いですが、こちらの手帳は角にホックがあるので、スマートに鞄などに収まって、開きやすそうですね。

ペンホルダーやファスナーポケットなどの基本機能がそろって、6穴リング式なので、リフィルは自分好みに選択可能です。

イルビゾンテ ワンスナップレザーシステム手帳

なめらかなレザーが手になじむ、大判サイズも人気のイルビゾンデの手帳。

ペンホルダーやカード入れ、ポケットまで完備の機能性あふれた一冊となっております。

レザーは天然素材で、経年変化の風合いが増すのも魅力の一つです。

ボタン留めできるので勝手には開かないので、鞄にしまいやすく、取り出しやすそうです。

レザーの端のきちんとした縫製を見ると、柔らかい印象を与えるこだわりが細部にまで感じられますよ。

リング型なので見開きがしやすく、半年間のスケジュールや、時間軸付きの1週間分のスケジュールを一目でみられるリフィルも魅力的です。

エルメス

エルメス公式サイト

鞄などで有名なエルメスから、丈夫で上質な手帳が出ていることはご存知ですか?

革の質感がよくわかるシンプルなフォルム、多彩で上品な色の展開

エルメス独自のピン止めで毎年更新可能なさりげないオシャレが光るレフィル。

永く使いたいものだからこそ、飽きのこない、安心できる高品質の逸品を手に入れたい方にオススメです。

大きさやチャック開閉式など、様々ありますので、50,000~150,000円と値段の幅は広くなります。

おわりに

ブランド物の手帳となると、長くつかってほしいブランドからのメッセージが聞こえるような、カバーとリフィルが別々になっているものがほとんどでしたね。

中身を入れ替えて気持ち新たに、そして経年的に味わいが深くなるカバーで時の流れを感じる…

新鮮さと馴染み感を同時に感じられる不思議な魅力のある手帳。

ブランドごとのこだわりの素材やデザインを見比べるのも楽しいですが、最終的に、仕事の供として持ち歩ける運命の逸品に出会いたいですよね。

これまでは毎年カバーごと買い替えていた貴方へ。

納得できる価格で、寄り添ってくれる一品に出会えますように、今回の紹介が役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です