2018スタバコールドブリューシリーズのカロリーは? おすすめカスタマイズも!

JUN

昨年の夏にも発売された、コールドブリューコーヒーが、今年も発売されることになりました!

うだるような暑さの中で、体の中から冷まして、頭も覚まして、身も心もクリアにしてくれるのにぴったりな、飲みやすいコールドブリューコーヒー。

今年は3種類を続々と販売するそうなので、長く楽しむことができ、新鮮な気持ちで味わうことが可能となりそうですよ。

そこで今回は、コールドブリューコーヒー3種類の味わい情報やより楽しめるカスタマイズなどを、昨年の商品も参考にしてまとめてみました。

JUN

そもそもコールドブリューコーヒーとは?

昨年から飲まれている方も多くいるかと思いますが、初心者もいると思うので、まずはコールドブリューコーヒーの基礎をおさえておきますね。

普通のコーヒーと違う点は、コールドブリューイングという抽出方法を用いて、熱を加える代わりに、コーヒーの粉と水でじっくりと時間をかけて抽出する点です。

いわゆる、「水出しコーヒー」ですね。

コーヒーは熱を加えると酸化が始まり、味が落ちるものですので、水出しにより、酸味が抑えられます

そうすることで、なめらかな味になり、ガブガブ飲みやすく、夏にぴったりなコーヒーになるのですね。

ちなみに、カフェインの量ですが、お湯で抽出したものよりおさえられるので、いつもより多く飲むことに抵抗感がなくなりますね。

そうは言っても、飲みすぎは体に毒ですので、ほどほどに…

そして、こだわりは抽出方法だけではなく、豆にも表れています。

コールドブリューのために、2種の豆を使用しています。

シトラスの風味を持つアフリカ産コーヒーと、甘みとチョコレートの風味を与えるラテンアメリカ産コーヒーを絶妙にブレンドしているそうです。

抽出方法や厳選した豆により、口当たりのなめらかさが実現できているのです。

3種類の商品展開で心満たされる夏に!

コールドブリューブレンド

まず発売されるのは、スタンダードな「コールドブリューブレンド」。

味わいについては、先ほど説明した通りですので、価格、カロリーをおさえましょう。

価格は以下の通りです。ドリップコーヒーより40円高い値段設定ですね。
【Short:320円、Tall: 360円、Grande: 400円、Venti: 440円】

カロリーは、Short:7kcal、Tall:8kcal、Grande:11kcal、Venti:12kcalと、低カロリーなため、カフェインが少ないことも加えて気軽に飲めますね。

販売期間は、2018年4月12日(木)~となっています。

はじめに基本のコールドブリューコーヒーを楽しんでから、続々販売する風味を味わうのはいかがでしょうか。

コールドブリュー アップル シトラス

次に、「コールドブリュー アップル シトラス」をご紹介します。

「コールドブリュー ブレンド」はシトラスの風味を持った豆を使っていますよね。

その豆とマッチする、フルーツの爽やかな風味を加えたものです。

昨年はバレンシアシロップを使用したコールドブリューコーヒーが発売されていて、フルーツの酸味との相性が抜群なことは、証明済み。

価格はShort:420円、Tall:460円、Grande:500円、Venti:540円となっています。

カロリーは公表されていませんが、カスタマイズのシトラス果汁が73kcalなので、単純にコールドブリューコーヒーのカロリーに加えて考えると、Ventiでも100kcalいかなさそうですね。

販売期間は、2018年5月9日(水)~2018年7月1日(日)なので、初夏の時期にさわやかな気分にさせてくれそうです。

コールドブリュー ムースフォーム ヘーゼルナッツ

最後に、「コールドブリュー ムースフォーム ヘーゼルナッツ」のご紹介です。

先日新発売されたムースフォームラテのムースフォームを使用した商品です。

スタバ新作ムースフォームラテの気になるカロリーは?値段やカスタマイズを紹介!

ヘーゼルナッツによりほんのりと甘い味わいとなっているようです。

昨年の「コールドブリューコーヒー クリームフロート ヘーゼルナッツ」よりさらに濃厚となったミルクフォームが癒しの時間を演出してくれそうです。

価格はTallサイズのみで、430円となっています。

カロリーはこちらもまだ公表されていないので、予想ですが、昨年の「クリームフロート ヘーゼルナッツ」が114kcalでしたので、それに近い可能性があります。

あるいは、今年の「ムースフォーム ヘーゼルナッツ」は、ホイップクリームを使用していない分、カロリーは低いかもしれません

販売期間は、2018年7月2日(月)~2018年9月30日(日)となっており、アップルシトラスの空席を埋めてくれて、真夏の日でも、肌寒い日でも心を満たしてくれそうです。

オススメのカスタマイズは?

「コールドブリューコーヒー」は爽やかさが売りですし、他の2種もすでに風味を加えられているので、カスタマイズせずに味わうのが一番おいしいだろうという声が多数です。

そうは言っても、自分にとっての最高の逸品を追究してカスタマイズを楽しみたいという方もいるかと思います。

昨年のコールドブリューコーヒーでのカスタマイズを参考にご紹介します。

【コールドブリューコーヒー+ガムシロップ少量】

ガムシロップにより、味に深みが増すようなので、オススメですよ。

【コールドブリューコーヒー+バニラシロップ+ホイップ】

アイスラテのようなスッキリとした甘さが楽しめそうです。

【コールドブリューコーヒー+エスプレッソショット】

スッキリした味わいに、ビターさとコクを加えて大人な雰囲気を高めてもよさそうです。

【ムースフォーム ヘーゼルナッツ+チョコレートソース or キャラメルソース】

コーヒー豆自体にもチョコレートの風味があり、ヘーゼルナッツの風味にはチョコもキャラメルも合って、甘さを追究したい方にはオススメです。

【ムースフォーム ヘーゼルナッツ+コーヒーシュガー】

ムースフォームラテでも試している方がいるかと思いますが、コーヒーシュガーのカリカリ感を加えて、甘さと食感を楽しむのもありですね。

【アップル シトラス+オレンジバニラシュガー】

シトラス果汁やオレンジの甘酸っぱさと、バニラの風味が加わることで、より夏らしさを感じられるかと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか、人気の夏の商品、「コールドブリューコーヒー」の魅力を知る機会になりましたか?

丁寧な抽出方法や厳選されたブレンド豆により、コーヒーの美味しいさを改めて感じることができる一杯となりそうです。

販売期間をずらしてあるので、うずうずしてしまいますが、その期待にも応えてくれそうですね。

うだるような暑さの中で、さわやかにゴクゴク飲めるおいしさやカロリー、少ないカフェインをもつコールドブリューコーヒーを最高に楽しめますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です