Mrs. GREEN APPLEのいい歌やおすすめの曲、アルバムを紹介!メンバーの平均年齢は?

あん

最近少しずつ話題になることも増えてきた!? 今注目のバンド「Mrs. GREEN APPLE」について調べてみました。

気になるバンド名の由来、なんて呼べばいいの? という疑問、メンバーはどんな感じ? などなどまとめちゃいます。

アルバムリリース情報やライブ情報も見逃せません!

Mrs. GREEN APPLEってどんなバンド? メンバーは?

ジャンル:ロック、ポップ・ミュージック、電子音楽

活動期間:2013年~

レーベル:EMI RECORDS(2015年~)

公式サイト:Mrs. GREEN APPLE official site
https://mrsgreenapple.com/

 

メンバー

大森元貴(ボーカル・ギター) 1996年9月14日生まれ(21歳)

若井滉斗(ギター) 1996年10月8日生まれ(21歳)

山中綾華(ドラムス) 1995年2月5日生まれ(23歳)

藤澤涼架(キーボード) 1993年5月19日生まれ(24歳)

髙野清宗(ベース) 1991年10月2日生まれ(26歳)

バンドプロフィール

Mrs. GREEN APPLE(ミセス グリーンアップル)は2013年春に結成され、2015年7月にメジャーデビューしたロックバンドです。

ファンの間では「ミセス」と呼ばれているようです。

バンド名の「GREEN APPLE」には、何か食べ物を入れたいということと、赤く熟す前の青リンゴに初心を託して、その気持ちを持ち続けたい、といった思いが込められているそうです。

そこに「Mrs.」を付けることで、中性的なイメージを持たせているのだとか。

絶妙なバランスのバンド名になっているのではないでしょうか。

そして、メンバーの平均年齢が23歳という若さあふれるフレッシュさ。

2013年に大森元貴さん、若井滉斗さん、紅一点でもある山中綾華さんらで結成された後、藤澤涼架さんが加入、メジャーデビューの前年に髙野清宗さんが正式加入して今の形になったMrs. GREEN APPLEですが、バンド名だけでなく、5人で作り出すサウンドも絶妙なバランスになっています。

ポップだけれど、ポップなだけじゃない、ドラマティックな曲展開と、大森元貴さんの歌詞に見られる普遍性と繊細さ、そしてストーリー性には目をみはるものがあります。

Mrs. GREEN APPLEアルバム紹介

ミニアルバム

2014年7月5日「Introduction」全6曲(インディーズ) ライブ限定の販売で、完売。

2015年2月18日「Progressive」全6曲(インディーズ) Mrs. GREEN APPLE初の全国流通盤。

2015年7月8日「Variety」全6曲(メジャーデビュー盤)

フルアルバム

2016年1月13日「TWELVE」全13曲

2017年1月11日「Mrs. GREEN APPLE」全13曲

NEW!! 2018年4月18日「ENSEMBLE」全13曲

 

メジャーデビュー前に出した1stミニアルバムが完売するなど、かなりのハイスピードで人気が出ている感じがします。

デビュー以降のアルバムも、それぞれ何度かオリコンのチャートに登場したり、タイアップ曲を含む収録曲にも注目が集まっています。

そして4月18日、3rdアルバムとなる「ENSEMBLE」が発売になりました!

前作「Mrs. GREEN APPLE」のリリースから半年たたずに発売となる今作。

驚異のハイペースといえるリリース間隔ではないでしょうか。

作詞作曲すべてを担当している大森元貴さんの、才能を垣間見ることができたような気がします。

このスピードでこのクオリティのものを作れてしまうなんて、驚きです。

ランキングで紹介、Mrs. GREEN APPLEオススメ曲5選

5位 StaRt(「Variety」収録)

まさにスタート! という感じがすごく出ています。

メジャーデビューミニアルバムに収録された、どこか愛らしい、元気の出る1曲

 

4位 Love me, Love you(シングル「Love me, Love you」)

 ビッグバンド風のアレンジで、跳ねるようなピアノの旋律が耳に心地いいですね。

張りのあるボーカルと、小気味いいテンポがやみつきになってしまいます。

学校のダンスパーティを思わせる、ちょっとレトロな感じのMVも見ごたえアリ。

3位 春愁(シングル「Love me, Love you」収録)

「学校」という言葉が出てくるわけではありませんが、校舎の中で過ごしている様子が何となく浮かんでくるような曲です。

「大嫌い」「大好き」というストレートな表現が逆に新しい気がします。

2位 どこかで日は昇る(シングル「どこかで日は昇る」)

人生の、一つの通過点をてのひらに掴み取った瞬間をうたったような、そんな歌詞。

聴く人への応援歌・エールのようでもありますね。

1位 PARTY (「ENSEMBLE」収録)

曲調自体はよくあるポップソングなのかと思いきや、歌詞を見るとガッツリ人生をうたっている感じです。

えらそうに人生観を語るのではなく、等身大の、身体感覚あふれる表現で、言葉がスッと入ってきます。

まるで映画のようなMVにはちょっと感動してしまいます。

Mrs. GREEN APPLEライブ情報

2018年 Mrs. GREEN APPLE 全国ツアー 「ENSEMBLE TOUR」

5月12日(土)の東京はパルテノン多摩大ホールを皮切りに、全国ツアーが始まります。

残念ながら、現在発売済みのチケットはすべて完売してしまった模様。

だけどがっかりするのはまだ早いですよ!

これからチケットが発売になるライブがあるのです!

 

9月8日(土)と9月9日(日)の幕張メッセ国際展示場での公演のチケットは6月2日(土)発売です。

また、イベントへの出演も決まっています。

「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2018 supported by antenna*」は7月16日(月・祝)に横浜アリーナで開催。

こちらのチケット発売は6月9日(土)です。

なんとかゲットしたいですね!

まとめ

4月18日にニューアルバム「ENSEMBLE」をリリースしたMrs. GREEN APPLEについてまとめました。

  • バンド名の由来
  • オススメ曲のMV
  • ライブ情報

Mrs. GREEN APPLE、これからどんどん注目度が上がっていくのではないでしょうか。

今後が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です