ケールのおいしい効果的な食べ方とは!?白髪にも効能がある噂のパワーフード!

あん

テレビの通販番組などでよく放送されている、青汁の主要材料としてお馴染み(?)のケール。

耳にしたことはあるけど、実際はどんなものかよく知らないという方も多いのではないでしょうか?

白髪対策にも効果があるという評判もあるってホントなのでしょうか?

そこで、ケールとは何なのか?効果的な食べ方、美味しい食べ方やその効能について調べてみました!

これでこのスーパーフードについて知って、健康体を手に入れましょう♪

あん

ケールっておいしいの? 体にいい食べ方は?

青汁に入っているくらいだから、多分緑色の、葉っぱ系の何かじゃないかな~程度に思っている人も多そう(私は思ってました笑)…と調べてみたら、とにかく苦そう、というイメージを持っている人が多いようです。

他にはケールに対して健康的なイメージを持っている人も多く、確かに苦そうで健康的な感じがするな…とうなずいてしまいました。

ミルトークという意見募集サイトの書き込みを見てみると、、、

タイトルは「「ケール」についてどのようなイメージがありますか。食べてみたいですか。その場合の理由はなんですか。」

青汁の原料なのでイヤ

栄養があるようなので食べたいですが青汁のイメージで青臭くて苦そう。錠剤が良いかなと思います

青汁のイメージで苦そう。健康に良いなら食べてみたい!

身体の失神で悩んでいた時、ケールを薦められサプリメントとして服用していました。

青汁のもとというイメージで、そのまま食べたらにがそうなイメージ。色が濃い緑だし昔の青汁の宣伝のイメージが強い

青臭いイメージがあってせっかくの栄養価を取り損ねています。食べやすい(飲みやすい)工夫があればぜひぜひ教えて頂きたいです。

参照元:https://milltalk.jp/boards/6644

 

青汁ではなく料理に使うとしたら、どんな食べ方がおいしいのでしょうか?

下記でも書いていますが、実はイメージ程苦くなく食べやすいみたいです。

レシピ投稿サイトで検索したら、なんとケール料理900種類以上

皆さん結構ケールを料理されているのですね、驚きました。

正直、サラダか炒め物くらいしか思いつかなかったです…。

どんなレシピが投稿されているのか見てみると、炒め物やサラダはもちろん、おひたしやスープ、スムージーなど色んなレシピが目白押しです。

栄養もありそうな感じですが、どんな調理法がいいのでしょうか?

ケールの栄養がしっかり摂れる調理法の正解はというと、実は何でもいいんです

ビタミンCなどは加熱によって壊れてしまうので、ビタミンCを意識してとりたい、というときにはサラダなど生で。

食物繊維やカルシウムは加熱の影響を受けないので炒めたり、おひたしにしたりすれば加熱によりかさを減らせるのでたっぷり食べられますね。

ケールってどんなもの? 野菜なの?

苦そうなイメージのケールですが実際どんな味なのかというと、ずばり、キャベツ的な感じです。

というのも、ケールは和名をリョクヨウカンラン(緑葉甘藍)、あるいはハゴロモカンラン(羽衣甘藍)といい、キャベツと同じアブラナ科の野菜なのです。

甘藍=キャベツですので、非常に近い種であることがわかります。

ケールの葉っぱはキャベツに比べると濃い緑色の縮れたような感じで、キャベツの外葉のような質感をしています。

そのためか、大きく育ったものは硬そうな感じがしてしまいますね。

最近では生食用のやわらかくクセの少ないものも市販されていますし、キャベツやほうれん草、小松菜などのメジャーな葉物野菜と同じような使い方ができそうです。

ローテーションで使い分けたらバリエーションが増えてよそさそうですね。

どこで買える? 自分で育てる方法は?

スーパーなどでも扱う店が増えていますし、野菜の宅配などで手に入るようです。

栄養価の高さから注目が集まって、取り扱いがどんどん増えている印象です。

ケールと芽キャベツの交配種であるプチヴェールも合わせてチェックしたいですね。

このプチヴェール、11~13度も糖度があるんだそう。

11~13度という糖度はミカンや苺にも匹敵する甘さなので、プチヴェールが甘くておいしいということがよくわかる数字ですね。

近くにケールを扱うお店がないという場合、いっそ家庭菜園でつくっちゃう、というのもオススメです。

プランターでも栽培できるので、気軽に楽しめそうです。

種をまいてから3か月程度で収穫できます。

ネットなどを使った害虫対策や、定期的に肥料を与えることなどを忘れないようにしてください。

こんなに効能のあるパワーフード! サプリで摂取

栄養価の高いケール。

ほうれん草や小松菜のような栄養満点のイメージのほかの野菜と比べても遜色ないのです。

数字で見てみましょう。

ビタミンC ほうれん草35mg小松菜39mgケール81mg

β-カロテン ほうれん草4200μg小松菜3100μgケール2900μg

カルシウム ほうれん草49mg小松菜170mgケール220mg

食物繊維 ほうれん草2.8g小松菜1.9gケール3.7g

鉄分 ほうれん草2.0 mg小松菜2.8 mgケ0.8mg

(可食部100gあたり、日本食品標準成分表2015年版(七訂))

たくさん食べたいところですが、手に入りにくいという場合もあれば、家で料理しないという方もいますね。

また、ケールは白髪予防に効果があると言われているようですが、どの成分が有効なのでしょう。

カルシウムは髪の毛を黒くするメラニン色素を増やすのですが、このカルシウムが豊富なことや、血行を良くする効果のあるビタミン類に期待が大きいようです。

そこで、栄養豊富なケールの有効成分をサプリで手軽に取れないものでしょうか?

探してみたところ、ありましたよ、ケールのサプリ

どちらも国産のケールを使ったサプリなので、安心して飲めそうです。

国産ケール100%粒 300粒×1個(1ヶ月分)

 

インシップ 国産青汁粒 300mg×240粒 30日分

インシップ

 

苦みやクセも気にすることなく、簡単にケールの栄養が摂れるのがうれしいですね。

まとめ

苦そう、そして健康に良さそうといなイメージの強いアブラナ科の野菜ケール。

青汁に使われていることでおなじみですが、とっても栄養価が高く、なんと白髪の予防にも効果が期待できるスーパーフードなのです。

色々な料理にも活用できて、食卓も豊かになりそう。

効率的に栄養を摂るならケールのサプリもオススメです。

料理で美味しく、サプリで手軽に、余すところなくその栄養を利用したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です