映画ムタフカズのあらすじは!?声優や主題歌、公開日、評価などを調査!

「ムタフカズ(MUTAFUKAZ)」???

なんとも不思議なタイトルの映画の公開が決定☆

STUDIO4℃制作のMUTAFUKAZは、フランスのバンドデシネ(フランスの漫画)を原作とする日仏共同制作のアニメ映画です。

2006年公開のアニメ映画「鉄コン筋クリート」(松本大洋原作)絶賛の、ムタフカズ原作者ギヨーム“RUN”ルナール氏とフランスの制作会社がSTUDIO4℃にラブコールを送って実現しました。

日本語版の声優を務めるのは元SMAPの草彅剛氏さん。

主演声優としてキャスティングされたワケとは?

そしてムタフカズって、どんな意味???

などなどを調べてみました!

これを見て公開日を楽しみに待ちましょう♪

ムタフカズのあらすじは?どんなアニメなの?

フランスのバンドデシネ作品「ムタフカズ」は、カリフォルニアのダーク・ミート・シティ(DMC)という「人間のクズ」ばかりの吹き溜まりの街を舞台に、DMC生まれDMC育ちの通称リノことアンジェリーノと彼の親友ヴィンス、ウィリーたちの物語。

天使的美少女に出会って一目ぼれしたり、事故にあった後スーパーパワーに目覚めたり、命を狙われちゃっれたり、…と、

予想外に大きくリノの人生は一変、戦いにとんでもなく巻き込まれていくというあらすじになっている。

絵柄はポップでかわいささえ感じさせるものになっていて、程よいガチャガチャ感とレトロ感も。

「鉄コン筋クリート」のスタッフ(キャラクターデザイン・総作画監督の西見祥示郎氏、美術監督の木村真二氏、総作画監督の滝口禎一氏等)が集結して、原案にして脚本・監督・編集も務めるギヨーム“RUN”ルナール氏含め、才能と才能がぶつかり合うようにして生まれた映画です。

さらに日本版の声優も豪華にして個性的とあっては、公開が楽しみじゃないわけがない! ですね。

ちなみにMutafukazとは、英語でいうところの「Motherfucker」という意味なんだそう。

ワーオ! ですね(笑)。

気になる声優・主題歌

主人公アンジェリーノ(通称リノ)を演じるのは元SMAPの草彅剛氏

草彅剛さんが声優としてアニメに出演するのは、2005年の「ロボッツ」から実に13年ぶりになります。

常々雰囲気のあるいい声だなと思っていましたが、こういった形で見る(聞く)ことができるなんて、期待大ですね。

ほかに、リノの友だちであるヴィンス役に柄本時生さん、ウィリー役には満島真之介さんがそれぞれキャスティングされています。

起用理由ですが、西見祥示郎監督いわく、3人のキャラクターに性格・雰囲気・ボディイメージがピッタリで、3人のバランスを大切に考えてのキャスティングだとのこと。

「鉄コン筋クリート」が大好きだという草彅剛さんも、「鉄コン筋クリート」とスタッフを同じくする映画に携われることを素直に喜んでいる様子でした。

そして「ムタフカズ」の主題歌については、まだ情報が出ていないようです。

そうなるとますます気になる…!

追ってチェックをしようと思います!

公開日はいつ?

映画「ムタフカズ」の公開は2018年10月12日(金)です。

原作を日本語に翻訳して、脚本を作って…というところから始まったという「ムタフカズ」ですので、最終目標はやはり日本での公開だったようです。

2017年に東京国際映画祭にて、西見祥示郎監督が「来年の夏に日本公開の予定」と言及していたので、当初の予定よりは少し延びたのかもしれませんね。

同イベントで、西見監督は「観た方に「面白かった!」って言ってもらえれば本望」とも仰っています。

なんにせよ期待が高まるばかりです。

みんなの評価は?

フランス語音声の字幕版はおおむね好評価のようです。

「久しぶりのアニメ映画でしかも外国アニメだったけど結構のめり込んで見た。」

「人種のるつぼのアメリカが舞台の作品を、いろんな国の人が関わって映像化した結果、ごった煮。おいしい?って聞かれたら、おいしい!って答えます。」

「何の知識もなくふらっと見たけど面白かった!

物語はメチャクチャ、ほぼ説明無し

ただヲタ心を悦ばせるシーンに富んでいるだけで見れてしまう。ニシミ監督おそるべし 笑」

日本語でアフレコしたもの、ということになると不確定要素がプラスされて、また違った評価になるのでしょうか?

Twitterでも、絶賛の声。

今後公開される日本版への期待も続々書き込まれています。

『MUTAFUKAZ』予告編 | MUTAFUKAZ – Trailer

まとめ

日仏共同制作の長編アニメ映画「MUTAFUKAZ(ムタフカズ)」が10月12日に公開になります。

「鉄コン筋クリート」のSTUDIO4℃と、原作・原案のギヨーム“RUN”ルナール氏、フランスの映像制作会社Ankamaのコラボレーションによる期待の作品です。

日本版声優には草彅剛さん、柄本時生さん、満島真之介さんらを起用して、キャラクターへのマッチングと3人のバランス感がばっちりハマっているんだとか。

これは期待できそう。

とってもドキドキできそうな「ムタフカズ」が今から楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です