Wi-Fiのタダ乗りを確認する簡単な方法!違法者を特定しきちんと対策しよう!

携帯電話の通信料を減らすために、ほとんどの人が使っているWi-Fi。

家の中でも外でも、使用できるWi-Fiは表示ですぐに確認できますよね。

実はこのWi-Fi、セキュリティを設定していてもタダ乗りできてしまうのです。

Wi-Fiのタダ乗りは個人情報の漏洩など大きなリスクが伴います。

できる対策をしっかりして、自分の情報を守りましょう。

そもそもWi-Fiのタダ乗りって?

Wi-Fiは、無線LANの一種で、パソコンやスマートフォンなどをワイヤレス(ケーブルなどで接続しない)でインターネットに接続できる仕組みです。

このWi-Fiは、基本的に設定したIDとパスワードによって守られていますが、このパスワードを不正に入手して他人のWi-Fiを使用することをタダ乗りといいます。

自分がお金を払って契約するのではなく、他人のWi-Fiを勝手に使用する大変悪質な行為です。

公共機関のWi-Fiなどでは、パスワードを使わずにアクセスできるものもありますが、こういった電波に情報を抜き取るシステムを構築し、個人情報を抜き出す悪質な手口もあります。

Wi-Fiは大変便利ですが、自分でしっかりと対策をしないとインターネット回線を横取りされたり、個人情報を抜き取られたりしてしまうのです。

Wi-Fiのタダ乗りの確認方法は?おすすめのアプリはこれだ!

そんなWi-Fiのタダ乗り、されているかどうかは一見してわかりません。

なぜなら、Wi-Fiルーターのほとんどに「今〇〇が接続されています」という情報表示がないからです。

では、どうやって確認すればいいの!と思う方もいるでしょう。

おすすめのアプリはこれです!

Fing (フィング) – ネットワークツール

Google Play で手に入れよう

使い方はとても簡単です!

  1. スマホをWi-Fiにつないでいる状態でfingを起動。
  2. 更新ボタンをタップ

この2つの作業だけで、今使用しているWi-Fiに接続されている機器の情報がを一覧で見ることができます。

表示された中に見覚えのないIPアドレスやMACアドレスがあればタダ乗りされているということですので、パスワードの変更をお勧めします。

そもそも、どれが自分のIPアドレスかわからない!という方もいますよね。

わかりやすい確認方法をお伝えします。

iphoneの場合

①「設定」を開く

②「一般」をタップ

③「情報」をタップして少し下に行くと「Wi-Fiアドレス」の記載があります。

12桁の英数字です。

Androidの場合

①設定を開く

②Wi-Fiをタップ

③本体のメニューキーをタップ

④開いたメニューから「詳細表示」をタップすると、MACアドレスの記載があります。

パソコンの場合

*コマンドプロンプトを使用します。

まずは、コマンドプロンプトを立ち上げます。

Windowsの場合

  1. スタートから「すべてのプログラム」を開く
  2. アクセサリを開く
  3. コマンドプロンプトを開く
  4. コマンドプロンプトが起動できたら、ipconfig/allと入力し、エンター。
    このとき、クリックなどでは操作できないので、必ずエンターキーで操作してください。

「Wireless LAN adapter ワイヤレスネットワーク接続」にある「物理アドレス」がMACアドレスです。

Macの場合

  1. アップルメニューから「この Mac について」を選択
  2. 「詳しい情報…」をクリック
  3. 左側の一覧メニューから「ネットワーク」を選択
  4. 右側の「動作中のサービス」で「AirMac」を選択

下に表示される「MACアドレス」がそのPCのMACアドレスです。

もしかしたらタダ乗りされてるかも…対策方法は?

上の方法で確認してみて、知らないアドレスとの接続が確認できてしまった場合は、ルーターの設定をより強化するように変更していきましょう。

ルーターの通信方式を変更する

ルーターによって設定は様々ですが、基本的に強いといわれている通信方式は「WPA2-PSK(AES)」です。

この通信方式は暗号化が複雑で、パスワードの解析などが難しいといわれています。

逆に、パスワードを解析しやすいのが「WEP」です。

この方式になっていたら要注意ですので、すぐに変更するか、ルーターが対応していない場合はルーターの買い替えも検討してください。

パスワードを変更する

WPA暗号化キー(PSK)が初期パスワードのままになっていると危険です!

なぜ危険かというと、シールやカードで記載されているものは、何らかのタイミングで見られていてもおかしくないためです。

購入したらすぐにパスワードを変更するようにするとよいでしょう。

パスワードはできるだけ複雑に、わかりづらくすることで強化できるのはWi-Fiのパスワードだけではありません。

他のものと同じパスワードに設定しないように気を付けましょう。

アクセス制限

さっき確認したMACアドレスを自分のもの以外アクセスさせない設定にするものです。

新しいPCを買った時や、家族全員のスマホを繋げたいときなどに少し不便になりますが、無線ルーターにMACアドレスを登録の上、「登録してあるものだけ接続OK」の設定にすれば、万が一パスワードが知られてしまった場合でも、MACアドレスでアクセスを制限することができます。

自分のSSIDが検索で出ないようにする

SSIDとは、Wi-FiをスマホやPCで検索したときに出てくる接続可能なWi-Fiリストのことです。

そこに表示させないことで、そもそもWi-Fiがあることを知らせないことが可能です。

ただ、自分のスマホでも表示されなくなりますので、設定の際などにかなり面倒くさいこともあります。

しかし、Wi-Fiのタダ乗りには効果抜群な設定の一つですので、おすすめです。

まとめ

  • 知らない間にWi-Fiを他人に使用される「タダ乗り」は結構ある!?
  • アプリを使って自分のWi-Fiがタダ乗りされていないか確かめよう!
  • タダ乗り防止策はたくさんある。常に最新のものをチェックして自分のWi-Fiを守ろう!

いかがでしたか。

インターネットの世界は日々進歩しています。

詳しくないからといって放置していると、知らない間にとんでもないことになってしまうこともあります。

詳しくない人も、もう対策している人も今一度我が家のWi-Fiの設定を見直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です