髭に茶色いのが生えてきたら原因はこれだ!肝臓など体調不良の予兆なの?

最近、髭の中に茶色いものが混じってる・・・と、気にしている男性はいますか?

女性にはわからないこの感覚ですが、もしかして何かの病気?と心配している人もいるのではないでしょうか。

茶色い髭が生えてくる原因と、病気との関係、健康的な黒髭に戻す方法まで、今回は男性のための「髭特集」ですよ!

茶色い髭が生える原因

茶色い髭が生える理由、それは「メラニン色素」が深く関わっています。

髪の毛の場合、茶色い髪だなーなんて思っていると、いつの間にか白髪になっていることないですか?

それと同じ原理ですね。

メラニン色素を作る「メラノサイト」の働きが弱くなることで、メラニン色素が薄くなるのです。

では、なぜ「メラノサイト」の働きが弱くなるのでしょうか。

原因1【紫外線を浴びている】

日光に当たると、髪が日焼けしてしまい色が落ちます。

紫外線に多く当たると、メラノサイトの働能が低下し、茶色い髭が生えてくることがあるそうです。

サーファーの人たちの髪の毛が茶色かったり金髪っぽいのは、紫外線の浴び過ぎなんですね。

原因2【塩素】

これは、塩素に漂白効果があるからです。

プールによく入る人って、髪の毛が茶色い人、多いですよね?

あれは、塩素と紫外線の影響が強いからと考えられます。

原因3【生活習慣やストレス】

メラノサイトはストレスに弱い性質を持っているうえ、自律神経の乱れも起こしてしまうのです。

それが血行不良につながり、必要な栄養素を十分に行き渡らせることができなくなるんですね。

また、食生活の中でミネラルが不足している場合もあります。

ワカメを食べると髪が黒くなる」って聞いたことありませんか?

大豆や海藻を中心に、栄養バランスの取れた食生活に改善することも予防になります。

原因4【加齢・老化】

こればかりは、どうあがいても避けて通ることはできません。

でも、ストレスをためない生活をしたり食生活を改善したり、紫外線に気を付ける、などやれる努力を続けていれば、遅らせることはできると思います。

でも、個人的に白髪交じりの髭ってセクシーだなー、と思う女性は結構いると思います。

ただし、きちんと手入れされていることが前提ですが。

体調不良の予兆のことはない?

これは、結論から言うと関係ないようです。

いつもとちょっと違う色をしているから心配になった、という人もご安心を。

外的要因と内的要因が重なり合って起きる現象なので、特に心配はいりません。

ただ、どんどんひどくなる場合は、一度徹底的に、生活習慣を厳しく見直すことをおススメします。

身体の表面上に出てくる異変は、何かを知らせてくれる重要なサインであったりします。

主観で見るのではなく、周りの助言も得ながら取り組んでみて下さい。

生き生きとした黒髭を取り戻すためには

生活習慣や食生活の改善、ストレスの対処などをまず優先させましょう。

そのうえで、カラーリングなどの外的ケアもすれば、漆黒の立派な髭が蘇るでしょう!

参考までに、対処法をいくつかご紹介します。

剃る。

剃る場合は、髭剃り負けをしないよう、シェービング剤でしっかり肌を保護しましょう。

抜く。

これは、埋没毛や毛嚢炎、色素沈着の原因になるのでおすすめできません。

やるのであれば、脱毛処理した方が衛生的で安心です。

脱毛する。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、茶色や金色・白髪には反応しないため脱毛できません。

「ニードル脱毛」は1本1本抜くので、ピンポイントでできるうえ、安全でコストも抑えられます。

染める

染める場合、白髪染めのものを使うと皮膚まで染まってしまい「黒髭危機一髪」の海賊のようになってしまいますよ!

シャンプー用の白髪染めであれば、皮膚が染まることはありませんので使いやすいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

欧米では、きちんと手入れされている髭が紳士の象徴なのです。

女性から見ても、素敵な髭をしている人って、ドキッとしますよ。

日々の生活や自身の体調のバロメーターとして、髭をチェックする習慣を始めてみてもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です