ネイルサロンに通う頻度はどれくらい?ジェルネイルの持ちや変える頻度の平均なども

女性に大人気のネイル。

休日ともなれば、ネイルサロンは若い女性から中高年女性まで、おしゃれしたい女性で賑わっています。

これからネイルを始めたいという女性もたくさんいるのではないでしょうか。

ジェルネイルが主流になった今、ネイルサロンデビューしたい女性に、ネイルのあれこれ、お伝えしたいと思います!

ネイルサロンに通う頻度はどれくらい?

ジェルネイルが主流になったことで、ネイルのデザインやカラー、仕上がりもマニキュア以上に良くなったと実感しています。

なんと言っても、ジェルネイルは艶感が素晴らしいですよね。

綺麗にネイルしている人を見ると、どのくらいの頻度でお手入れしているのか気になりませんか?

個人差はありますが、コスト面で月に1回という人もいれば、2週間に1回という人もいます。

多い人では1週間に1回と言う人もいますが、衛生面や爪の健康を考えた場合、2~3週間に1回を目安にすると良いようです。

ジェルネイルの持ちは?みんなはどれくらいで変える?

マニキュアと比べ、かなり長持ちするのがジェルネイルの特徴です。

時間の経過によって傷がついたりするものの、1カ月近くは持つようです。

凝ったデザインや豊富なカラーバリエーションは、ずっとつけていたくなりますよね。

でも、爪は1日に約0.1mm伸びると言われています。

1ケ月もたてば約3mm伸びることになり、そうなると爪の根本とジェルネイルの間が開いてしまい、ジェルネイルが徐々に浮いてきてしまいます。

そうなると、隙間から汚れや水分が入り込んでしまうため、爪カビが発生しやすくなってしまいます。

また、爪が伸びてくると日常生活でも、細かい作業が困難になったり、相手や物を長い爪で傷つけてしまうこともあるため、支障が出てきてしまうことが考えられます。

それらのことを考慮すれば、2~3週間で変えるのがベストなタイミングでしょう。

セルフで行うネイルケアの頻度は?

ジェルネイルは爪の表面にジェルを塗り、硬化させて定着させますが、もし剥がれてきた場合、無理に剥がすのは自爪を痛める原因になるので、絶対にやめましょう。

そこで、ジェルネイルを長持ちさせるためのポイントをいくつかご紹介します。

できるだけ水に触れないようにする

ジェルネイルは水に弱い性質を持っているため、できるだけ指先を水に触れさせない方が良いでしょう。

でも、普段の生活で水に触らないことなど無理でしょうから、例えば、洗い物をするときはゴム手袋をするとか、水に触れた時はなるべく早く拭き取るなど、できる範囲でフォローすることをおすすめします。

しっかり保湿する

特に冬場は、肌はもちろん爪も乾燥します。

また、エアコンが効いた室内も乾燥しますので、加湿器を使うのはもちろん、手や指先にハンドクリームやキューティクルオイルなどを、爪の根本部分によく塗り込んで下さい。

伸びてきても目立たないデザインにしてみる

爪の根元部分を淡いカラーや透明を使うことで、爪が伸びた場合でも境目が浮き出ず、綺麗に見せることができます。

また、グラデーションをつけてぼかすことによっても目立ちにくくなる効果があるので、サロンのネイリストさんに相談してみると良いでしょう。

毎日ケアすることで、手肌とネイルを美しく見せることができますよ。

まとめ

いかがでしたか?

指先が綺麗になることで、女子力もアップしますし、細部までお手入れが行き届いていることは、ビジネスの面でもプラスに見られるんです!

ちょっとでも気持ちが上がるようなお気に入りのネイルで、毎日を楽しく過ごしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です