高尾茜利(サッカー)の経歴・プロフィール紹介!彼氏や高校、ドリブルの実力やかわいい画像など!

天才女子ドリブラーをご存知でしょうか?

TVでも何度か放送されているので見たことある人もいるはず!?

そう、高尾茜利選手です。

小さい体、かわいらしいルックスで凄まじいドリブルをこなす彼女!

彼女のプロフィール気になりますよね。

彼氏とか入るのでしょうか?

出身高校や大学は!?

今回はそんな高尾茜利選手の魅力にとことん迫ってみたいと思います!

彼女のことを知らなかった方も知っていた方も、とっても為になる情報ばかりですよ〜☆

高尾茜利(サッカー)のプロフィールや経歴まとめ!

高尾がフットサルを本格的に始めたのは小学生のとき。

2003年に高椋小学校周辺の子供たちを集めて結成したRUCKキッズに入団した。

めきめきと力をつけたチームは、高尾が小学6年生のときにに男子の大会であるバーモントカップに出場。

女子チームとしては史上初の出場となったため、大会の話題をさらうことに。

女子フットサルリーグのプレ大会では優勝を飾るなど、女子高生の“奇跡のチーム”として注目を集める存在となった。

背番号は「13」。身長151センチと女子のなかでも小柄なため、当然競り合いでは厳しい戦いを強いられる。

攻守にハードワークを求められることもあって、最近はフィジカル面で当たり負けしないことを目指し、体幹トレーニングに励でいる。

彼氏はいる!?

だいぶ大学に入ってあかぬけたよね

大学で出会ったかなぁー

うーん、でも、まだじゃないかなぁと。

情報がないんです。

出身高校はどこ?

丸山茜利ちゃんは福井県立金津高校を卒業された模様。

この高校は福井県あわら市というところにあります。

あわら市といえば福井県の中でも石川県にほど近く海沿いの街です。

所属しているクラブチーム福井丸岡RUCKもあわら市からそう遠くない坂井市にあります。

ということで、あまり情報はありませんが出身地は恐らくこの近辺なのでしょう。

 

現在はというと、、、福井市にある福井大学に在学中。

こちらも坂井市の南に位置するエリア。

自宅から通ってるのかな?

ドリブルの実力が分かるエピソードを紹介!

まずはこちらの動画を御覧ください。


ワールドクラスのスピードとテクニックを持った彼女。

 

日本代表にも選ばれている高尾のポジションは「アラ」。

サッカーでいう「サイドハーフ」のポジションだ。

彼女の最大の武器は切れ味抜群のドリブル。

 

「一瞬のスピードで相手を抜き去るプレーが好きです。

抜き去った瞬間は嬉しくて、心のなかでよっしゃ!って感じです(笑)」

 

と語ってる。

ドリブルの魔力にとりつかれた高尾は、子供の頃から一心不乱にその技術を磨いてきた。

ひとたびコートに入ると豹変。

キックオフ直後から相手陣内にドリブルで切り込んでいく。

一瞬でも隙を見せれば、相手ディフェンダーはたちまち、ドリブルで彼女に置き去りにされてしまう。

メッシの様な切れ味だという。

観客席からは、どよめきがおこるほど。

 

 

ユニフォームを宝物にしている。

「初めて袖を通したときは鳥肌が立った」

という。

シャツを見るたびに、

「またこのユニフォームを着たい。そのために目の前の試合をがんばろうという気持ちになります」

と語る。

 

パグ犬のクーちゃんです。

小学校2年生の時から飼っおり、クーちゃんと触れ合うと

「遠征などの疲れも一瞬で吹き飛びます」

と、言ってる。かわいですね。

ツイッターにも度々登場。

かわいい画像集めました

(Twitter https://twitter.com/i/status/900992439732674560より)

あどけなさ100%

あどけなさ200%

雰囲気、変わるね♥

 

ドリブルもさることながらパワフルで正確なシュートも武器のひとつの高尾。

今季の女子フットサルリーグのレギュラーシーズンで得点ランク4位タイの7ゴールと、得点能力の高さを示している。

来年1月に開幕する、女子フットサルリーグのプレーオフでも活躍が期待される。

まだ少女のあどけなさが残る18歳。

あどけない容姿に騙されることなかれ。

応援するねー

まとめ

今回はフットサルで活躍中の高尾朱理ちゃんに注目してみました!

あどけなさが残るかわいいプレイヤー。

だけど一度ボールを手に(脚に?)するとえげつないほどのドリブルとシュートを発動!

とっても魅力たっぷりの女の子ですね。

今後は今以上に注目されること間違いなしなので、今のうちから要チェックですよ〜☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です