バネ指のストレッチ方法!親指などの手指の治し方や注意点などを紹介!

皆さんは「何だか最近指の動きが良くない」と感じたことはありますでしょうか?

手指をよく使う方なら経験した方も多い腱鞘炎やバネ指。

とても辛いものです。

今回はバネ指の治療法や自分でできるストレッチ方法について、お話ししたいと思います。

バネ指とは?

状態

指を曲げようとするとき、ヒトは腱をしならせることで曲げることになります。

この腱は、当然指にしっかりと密着してた状態でないと自由に動かすことが出来ません。

その為、腱の周りには腱鞘という、腱を指に固定するベルト穴のようなものがついています。

指を酷使することで、腱と腱鞘の間の摩擦により腫れ、炎症、痛みなどを発しやすく、これがいわゆる腱鞘炎と言う状態です。

更にその状態が進行し、腫れや腱鞘の肥大化などが進むと、腱にとっかかりが出来てしまうことになります。

この状態で力を入れて指を曲げようとすると、腱が腱鞘を通過する際にカクンと跳ねる状態が起こります。

この状態をバネ指、と言います。

更にこれが進行すると、指が動かない(腱が腱鞘を通過できない)ということになってしまいます。


(出典:日本整形外科学会様)

原因

バネ指が起こる原因は、基本的には指の使い過ぎによる負荷となります。

こういった理由から手の使い過ぎの方やスポーツ選手などにも多いようですね。

また女性においては、ホルモンバランスの崩れるとき、例えば閉経後や妊娠出産期にも発症しやすいそうです。

関節リウマチや糖尿病などにも多く見られるそう。

基本的な治療方法としては、

・安静

・薬物療法

・手術

等になります。

炎症を取る

安静や薬物療法に関しては、炎症を抑えるというところにコンセプトがあります。

安静にしたり、非ステロイド系抗炎症剤(アスピリンやロキソプロフェンなど)を投薬することで、抗炎症作用を期待します。

場合によってはステロイド剤も使用するそうです。

この場合は指に直接注射をするそうなので、ネットで見ると「注射が痛い」という声も上がってますね。

こういったことを行いながら痛みや腫れなどの炎症を取り除き、症状を緩和させるという形になります。

但しこの場合、根本的な原因を取り除いているわけではありませんので、再発などの可能性も含まれます。

手術

コチラの方法は外科的に炎症を起こして腫れた部分を除去するということになります。

状態が酷かったり、再発が頻繁な場合などはコチラを選択されるようです。

ストレッチで治す

はい、ここからは自宅でできるストレッチ法を紹介していきたいと思います。

ストレッチ前の注意点

ストレッチ前の点として、以下の注意点を守りましょう。

  • 炎症が酷い場合は避ける
  • 丁寧に行う(雑にやらない、やりすぎない)

炎症が酷い場合は、無理なストレッチは逆に負担となってしまいます。

酷い場合はまず安静にし、炎症をとることに専念しましょう。

「酷いほどではないけど、ちょっと炎症がある」くらいの状態でしたら、アイシングをしてしっかりと炎症を取ったうえで、行います。

そして大事なのが丁寧に行うこと。

丁寧とは、力加減だったり角度だったりです。

早く治すためにと力いっぱい腱を伸ばしたり、雑に行うことで変な角度でストレッチしてしまうと、これまた余計な負担がかかり悪化する可能性があります。

やりすぎも同じ。

丁寧に行いましょう。

ストレッチの方法

実際のストレッチ方法を見ていきましょう。

  1. (必要に応じて)アイシングを行い、患部の炎症をしっかりと抑えてください。
    氷などを用いて、5分から10分程度しっかりと患部を冷やします。
    こちらもやり過ぎたり当て方によっては凍傷となる恐れもありますので、十分注意します。
  2. 指の第一関節に反対側の手のひらを当てる
    第一関節とは指先に近い方の関節ですね。
    バネ指の症状がある指の第一関節付近に、反対側の手のひらを当てます。
    この時、力の方向を正確にコントロールするために、肘の角度は水平かつ90度に曲げるようにしてください。
  3. 指を後ろに倒す
    抑えた指を手のひらで押し、指を倒します。
    ゆっくりとじわーっと力をかけ、腱を伸ばしていきましょう。
    この時の角度、非常に大切です。
    まっすぐ後ろに倒してください。
    左右におかしな力がかかっていると、それはそれで腱に余計な負担がかかってしまいます。
    倒しすぎも禁物です。
    不自然なほどに倒すと、これまた負担になってしまいます。
  4. 伸ばした状態で30秒キープ
    まっすぐ後ろに倒した状態で30秒~40秒ほどキープします。
    これを3セット、まずは行うようにしましょう。
    状態によってゆくゆくは時間や回数を伸ばすことは可能ですが、やりすぎは禁物です。

この方法により、腱をしっかり伸ばしてあげることで、腱の稼働性が良くなり、腱鞘の中をスムーズにスライドしてくれるようになります。

まとめ

今回はバネ指のストレッチでの治し方ということをテーマにお話ししてきました。

病院に行ってもなかなか治らず、痛い注射や手術などの方向になってしまいがちのバネ指。

実は自宅でのストレッチで改善させることが出来ます。

皆さんも今回の記事を参考に、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です