あかすりにおけるデメリットとその予防方法!アトピーや肌荒れは正しい手順で防ごう!

温泉施設やマッサージ店などでよく見かける「あかすり」。

身体のあかを擦り落として、老廃物を取り除く健康法の1つとして知られています。

美容に興味のある女性なら、経験したことがある方もいるかもしれません。

しかし、噂では身体を擦りすぎて、肌にダメージを与え、肌荒れやにきびなどといった肌トラブルを引き起こすリスクを抱えているともいわれています。

この記事では「あかすり」にはどんな効果があるのか、本当に体に良いのか悪いのかを見ていきます。

あかすりのデメリットにはどんなものがある?

あかすりをすると、どのような効果が得られるのでしょうか。

デメリットを見ていきましょう。

皮膚炎を起こす可能性がある

肌質に合わないタオルやブラシ、ミトン、不衛生な道具を使用し、あかすりをしすぎると起こります。

肌のバリア機能の低下

角質は皮膚の水分を保持し、外部からの刺激から皮膚を守るために必要なものです。

あかすりをしすぎて、新しい角質まで取ってしまい肌のバリア機能が低下します。

※アトピーの方は医師と相談をしてから、あかすりを行って下さい。
肌のバリア機能低下により、アトピーが悪化することも考えられます。

体臭の悪化

角質を取りすぎると、肌の皮脂が不足し、余分な皮脂が分泌され、体臭が悪化することもあります。

アトピー、肌荒れ、ニキビを防ぐ方法 ・体臭悪化の原因と予防方法

アトピー、肌荒れ、ニキビの原因は肌の古い角質が残ることで、肌の新陳代謝が悪くなることです。

また、体臭悪化の原因は残ったあかから繁殖した菌が悪臭を放つからです。

アトピー、肌荒れ、ニキビ防ぐ方法、体臭の予防法は正しい手順であかすりを行うことです。

しかし、アトピーをお持ちの方に関しては、医師に相談してから、あかすりを行うようにして下さい。

正しい手順で受けた場合のメリットとは!?

肌の新陳代謝を促進

肌の古い角質が取れることで次のような効果が期待できます。

  • ニキビの予防・改善
  • 毛穴の黒ずみの改善

血流促進

身体を擦る行為はマッサージと似ており、血行促進効果につながり、むくみや冷え性の解消効果が期待できます。

体臭の予防・改善

あかは放置すればするほど菌を繁殖させ、悪臭を放ちます。あかすりで落としてしまいましょう。

体臭にコンプレックスを感じている方は制汗剤を使用するより、あかすりで不要な老廃物を落としてしまった方が体臭の改善が期待できます。

まとめ!

正しい方法であかすりを行うことが大切です。

また、下記の4点にも注意しましょう。

  • 肌質にあったタオルやブラシ、ミトンで行う
  • 衛生的な道具で行う
  • やりすぎ禁物
  • あかすり後はよく保湿をする 

温泉施設やマッサージ店などで行う場合は上記①、②には注意を払っていると思います。

また、④は施設によりますが、あかすり後に保湿をしてくれるはずです。

しかし、ご自身でもされるとよりよいでしょう。また、やり過ぎは禁物です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です