一人暮らしでも寝坊しない方法知ってる?おすすめ対策グッズ・アプリランキング

最近、新社会人として1人暮らしを始めたが、昔から朝が苦手で「仕事に寝坊してしまうのではないか」と心配に思っている20代の女性。

新入社員が寝坊で遅刻なんて・・・新入社員のみならず、寝坊で遅刻はよくないことですね。

今回は寝坊が心配な一人暮らしの方必見!

絶対に寝坊しない方法やおすすめ対策グッズ・アプリを紹介します。

一人暮らしでも絶対寝坊しない方法!一番の対策は

 先ずは「遅刻したら終わり」という危機感を持つとともに「時間を守る」ことを最優先に生活をする習慣を身につけていく必要があります。

こうしていくうちに、時間を守ることが当たり前になっていくのです。

先ずはご紹介する寝坊しない方法を実践して下さい。そうしていくうちに身についていきます。

方法

目覚まし時計をフル活用

目覚まし時計を活用しましょう。

心配な場合は3台用意します。

5分おきに鳴るようにセットしましょう。

「寒さ」対策をしましょう

「寒さ」は目覚めの大敵です。

特に冬場は起床時間30分前に暖房予約をセットしましょう。

また、寝起きに白湯などの温かい飲み物を飲むこともおすすめです。

上記の2点を実践していきましょう。

そして一番の対策は体の「ON・OFF」スイッチの切り替えをすることです。

休日(OFFの日)は体を休め、緊張から体を開放するようにしましょう。

そもそもなぜ寝坊してしまうのか?原因は「睡眠不足」にあった

寝坊の主な原因は、睡眠不足と質の低い睡眠です。

睡眠不足の状態が続く「睡眠負債」が蓄積した状態になると、寝坊のリスクが高くなります。

目覚め快適!おすすめの寝坊対策グッズはコレ

目覚めを快適にし、寝坊を防ぐためには、「質の高い睡眠」ができ、「睡眠負債」を蓄積させないことが大切です。

下記はおすすめの寝坊対策グッズです。

光で起きる目覚まし時計

 

従来の音で起きる目覚まし時計ではなく、光の明るさで起こす目覚まし時計です人は起床時に目に光が入ることで目覚めのスイッチが入ります。

購入が難しい場合はカーテンを少し開けて眠るのもおすすめです。朝の陽ざしで目覚めのスイッチが入ります。


宇宙飛行士の体内時計の調整に使われる技術を使用しています。入眠・起床を手助けする機能がついています。また、アイマスクは丸洗いもできて衛生的です。

 

購入が難しい場合はカーテンを少し開けて眠るのもおすすめです。朝の陽ざしで目覚めのスイッチが入ります。 

質の高い睡眠を手に入れるためのおすすめアプリ

下記は質の高い睡眠を手に入れるためのおすすめアプリです。

Sleep Meister 睡眠サイクルアラーム Lite (iPhoneアプリ)

このアプリは「眠りの質」が改善されるアラームアプリです。

レム睡眠を察知してアラームが鳴る機能があり、眠りの浅いタイミングで起こしてくれるので毎朝スッキリ起きられるそうです。

熟睡アラームforポケットメディカ(Androidアプリ)

質の高い睡眠を促すための機能が揃ったアプリです。

寝るときに深い睡眠に導くサウンドが用意されており、選択肢も様々です。

スマホを枕元に置いておくと睡眠状態を記録し、浅い眠りのタイミングでアラームを鳴らしてくれるので毎朝スッキリ起きられるそうです。

まとめ

上記、紹介した対策やグッツを使い、質の高い睡眠を手に入れ、寝坊を防ぎましょう。

寝坊せず、朝から活動的に動いている新入社員の姿は周りの目にどのように映っているか想像してみて下さい!

きっと、素敵な社会人生活を送れるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です