FaceTimeの複数人通話のやり方は?対応機種や深刻な不具合、料金などについて!

LINEやSkype、Facebookメッセンジャーなどのビデオ通話は今や当たり前のコミュニケーションツールとなっています!

今回はAppleデバイスのアプリである「FaceTime」についてご紹介します。

これは、iPhone(iPadやiPod touchも含む)同士で音声通話・ビデオ電話ができる機能のことです。

Appleの製品に最初からインストールされていて、2010年にサービスを開始しています。

グループ FaceTimeという機能がありますので、複数人でグループ通話をすることもできます!

今回はこの「FaceTime」を使った複数人通話の方法をご紹介します。

これを読んで、便利なアプリを使いこなしてみましょう!

FaceTimeの複数人通話の超絶簡単なやり方!

FaceTimeは2018年10月に発表されたiOS12.14にて正式に複数人でのFaceTimeが可能となるアップデートが実施されました。

複数人で通話するためには、このグループ FaceTime のビデオ通話を利用することになります。

最大人数は32名!仕事の会議などにも使えそうですね!

iOS 12.1を搭載した iPhone 6s 以降、iPad Pro 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代) が必要です。

それ以前のモデルの iPhone、iPad、iPod touch でも iOS 12.1に対応していれば、オーディオ通話の参加者としてグループ FaceTime 通話に参加できます。

お手持ちのモデルを確認してみて下さいね!

 

やり方は簡単です!

  1. FaceTime App から電話をかける
  2. メッセージ App から電話をかける
  3. FaceTime 通話に参加する
  4. グループ FaceTime 通話に参加者を追加する

以上の手順で行って見て下さい(^^)

対応機種、デバイスは?出来ない端末もある?

FaceTimeはMac OSとiOSで動いている端末ならすべて対応しています。

ただし、対応機種はiOS 12.1.4を搭載したmac、Apple Watch 、iPhone 6s 以降、iPad Pro 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代) が必要です。

それ以前のモデルの iPhone、iPad、iPod touch でも iOS 12.1.4に対応していれば、オーディオ通話の参加者としてグループ FaceTime 通話に参加できます。

 

「FaceTime」はApple独自のアプリですので、Androidユーザーは使用できません。

少し残念ですね・・・

いつかは全てのスマートフォンユーザーが使用できるようになればよいと感じます!

重大な不具合があるって本当?現在は問題なく使えるの?

現地時間2019年1月20日にFaceTimeのグループ通話に問題があることを、ユーザーがAppleに連絡しています。

FaceTimeのグループ通話機能にあるバグが盗聴や状況次第では映像の盗視もできるという致命的な問題が発覚したのです。

しかし、ご安心下さい(^^)

1月29日にAppleは急遽FaceTimeのグループ通話機能を停止する対策を実施し、バグの調整を行っておりますので今は問題なく利用することができます。

まとめ

今回は「FaceTime」を使った複数人通話の方法についてご紹介しました。

とても便利な機能です!iPhoneユーザー同士ならすぐにでも使うことができます。

また、仕事の会議や打ち合わせなどにも利用できそうですね。

ただ、Androidユーザーは使用できないので、その場合は別のツールでグループ通話を楽しんで下さい♪

いつかは全てのスマートフォンユーザーが使用できるようになるとよいですね。

色々なアプリを使ってみることも新しい発見があるので筆者はオススメです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です