10%増税前に買うものをランキング形式で紹介!セールやキャンペーンに騙されないために!

これまで8%だった消費税が、2019年10月1日から10%に引き上げられる見通しになっています。

消費税が上がる前に日用品は買いだめしておこうかしら?家電製品の見直しをしておこうかしら?

・・・車の買い替えは?

・・・・などなど色々な疑問があるかと思います。

今回は政府が増税に向けて打ち出している政策内容を検討しながら、増税前に買っておいた方がよいものをご紹介します!

また、買う必要がないものもあるので一緒にご紹介しますね(^^)

10%増税前に買うものをランキング形式で紹介!

一位:家電

中でも洗濯機、冷蔵庫、オーブンレンジなどの大型家電は狙い目です。

これらの家電は秋頃に新モデルが発売されます!

なので、現行モデルが安く買える時期と増税前の秋頃が重なるためオススメです。

なお頻繁に新モデルが出るテレビなどのような家電に関しては、旧モデルがどんどん安くなりますので慌てて増税前に購入する必要はありません。

二位:パソコン、スマートフォン

特にAppleのMacなどのパソコンは値引きやセールがされることが基本的にないため、安く購入する機会としては増税前が挙げられます。

また、iPhoneやGalaxyなどのスマートフォンは10万円以上するものがあるので、買換えの時期であれば増税前に購入しておくとよいでしょう。

三位:定期券・回数券

JR東日本はすでに運賃・料金を引き上げると公表しています。

通勤・通学で利用されることの多い定期券や回数券を増税前に購入しておくとよいでしょう。

しかし!!

ICカードは増税前にチャージを済ましていても、乗車時にその都度支払われるため増税後の金額を支払うことになるので、焦ってチャージをしなくても大丈夫です(^^)

四位:保険適用外の治療・医療

人間ドックや美容整形、脱毛などの自由診療は早めに予約・受診をしておくことをオススメします!

五位:ブランド品

ブランド品は値下げされにくい商品の1つですので、購入予定がある場合は増税前に購入しておきましょう!

早めのクリスマスプレゼントを用意しておいてもよいですね( ̄▽ ̄)

 

※車の購入について※

車の購入は増税前がオススメ!

さらに、8月~9月半期決算前はよりお得に購入することができますが、ギリギリに動き出すのは危険です・・・

車の購入は車両選定や必要書類を取得など時間がかかります。

もし、○○の××という車というように決まっているのならば急いで販売店に問い合わせてみましょう!

お目当ての車があれば購入しちゃいましょう☆

増税後で良いものと軽減税率対象外のもの

2019年10月1日からの消費税の増税にあたり、主に生活必需品には「軽減税率」が適用されて今までの8%のままになります。

増税前に買うものとしては基本的には「軽減税率対象外の品物」です!!

以下のものは軽減税率対象外となりますので、増税による影響を受けます。

医薬品、医薬部外品

風邪薬や湿布などの常備薬の中でも頻繁に使うものや保存期間が長いものは増税前に買うとよいでしょう。

また、医薬部外品としてはサプリメントやコンタクトレンズなども含まれます。

しかし、「特保」マークのサプリメントは軽減税率対象商品です!

酒類

飲酒される方には辛い話です・・・(**)

軽減税率対象外ですので買いだめをオススメします。

ペットフード

基本的な飲食料品には軽減税率が適用されるのですが、「人が食べるもの」に限られるので、ペットフードは軽減税率の対象外です。

愛犬・愛猫のペットフードは買い置きをしてもよいですね!

セールやキャンペーンに騙されるな!

上記にも紹介しましたが、「軽減税率対象商品」は基本的に焦って購入する必要はありません。

本当に欲しいものがあれば購入すべきですが、日用品などは備蓄して賞味期限が切れてしまっては元も子もありませんよ!

「増税前の○○セール」というような宣伝文句をよく見ますが、購入するのは「軽減税率対象外商品」や家電などにまとをしぼるようにしましょう♪

まとめ

今回は消費税が上がる前に購入すべきもの、すべきではないものについてご紹介しました!

ポイントは「軽減税率対象商品」or「軽減税率対象外商品」です!

賢く買い物をして、無駄遣いをしないようにしましょう♪これで増税も怖くないですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です